1. TOP
  2. 生活
  3. 現在のページ

みなとみらいの女神橋の完成はいつ?低い橋をジャッキアップした後の工事現場の様子

投稿日: 2020年09月02日
みなとみらいの女神橋

みなとみらいで建設中の女神橋の工事現場の様子(2020年8月現在の状況)をお伝えします。女神橋は国際橋の下流に架かる、臨港パークと新港地区の間をつなぐ歩行者デッキですが、かさ上げ工事により開通が延期されている現状です。

スポンサーリンク

女神橋の工事現場の様子(2020年8月28日現在)

横浜ハンマーヘッド

2020年8月28日にハンマーヘッドパークがオープンしたので、近くで工事中の女神橋の様子が気になり、工事現場を見学してみました。

建設中の女神橋

女神橋はインターコンチネンタルホテルの裏側近くで建設中の歩行者デッキです。完成すると、これまで迂回が必要だった臨港パークとカップヌードルミュージアムパーク(新港パーク)の間が海沿いで直線的につながり、とても便利になります。

インターコンチの女神像

ズームではなくトリミングした写真なのでイマイチですが…

女神橋の名前はの由来はインターコンチネンタルホテルの最上部に収納されている「みちびき」という名の女神像からとられたものだそうです(一般公募で決定)。

女神橋とインターコンチは近いので位置的に見守られている感あるかも。

建設中の女神橋

兄貴分の橋と言えるのでしょうか?国際橋から女神橋を眺めてみますと、すでに橋は架かっており、以前の国際橋から見られた「ここから海に開けていくぞ!」みたいな解放感は無くなっています。

ただ、想像より圧迫感は無いというか、目の錯覚でインフィニティープールみたいに見えてきました(笑)

建設中の女神橋

一見橋は出来上がっているように見えますが、両サイドの部分が依然として工事中になっています。

女神橋のかさ上げ工事について

女神橋当初の計画では2020年7月の開通を予定していたそうですが、女神も唖然とする事態に直面し、かさ上げ工事(ジャッキアップ)が必要になったので、開通時期が大幅に遅れる見通しになっています。顛末についてはSNSでまとめました。

建設中の女神橋

2020年4月、女神橋の橋桁を60cmジャッキアップすることにより、基準とした国際橋と同等の4.2mの桁下高を確保する追加工事が行われたそうです。

専門的なことはよくわかりませんが、該当部分と思われるのは橋土台と橋本体の隙間でしょうか。浮きがあり、60cmくらいの隙間があるように見えます。

建設中の女神橋

2020年8月12日撮影

一応クルーズ船が通り抜けている様子も見え、高さ問題はなくなっているのかなと思います。

建設中の女神橋

2020年8月12日撮影

残りは色々と専門的なことがあるのでしょうが、素人目にもなんとなくわかるのが、かさ上げした橋と両岸の階段との不自然な段差です。

建設中の女神橋

2020年8月18日撮影

両岸の摺り付けが変更になって工事が大変そうです。

建設中の女神橋

大きいものを作ってるときの60cmって小さいようにも感じますが、低めのテーブルくらいの高さなので、人間の体と対比させると結構な高さです。

完成予想図を見ると、女神橋は橋長約75m、幅員6.8mの長いスロープのデッキになるようです。今、階段のようになっているところがスロープにならないと橋は完成しないのですね。

建設中の女神橋

海辺を走るランナーが多いこの地帯。走っている方も今か今かと待ちわびているのかも。

建設中の女神橋

看板にあった工事期間を確認すると、2020年12月28日までと掲載されています。女神橋開通は、は年末くらいまで待たなくてはならないようです。

ちなみに、女神橋と同時期に計画されていたパシフィコ横浜ノース近くのキングモール橋。こちらは既に開通しています。

Writing by: