1. TOP
  2. スポット
  3. 現在のページ

横浜ハンマーヘッドパークが完成したので見てきた!海辺でハートマークも発見

投稿日: 2020年08月29日
ハンマーヘッドパーク

2020年8月28日、ハンマーヘッドパークがオープンしたので見てきました。横浜ハンマーヘッド2階のテラスとデッキでつながっており、公園からは海が見えます。ハンマーヘッドクレーンも間近に見ることができました。

スポンサーリンク

ハンマーヘッドパークが完成

横浜ハンマーヘッド

2020年完成予定となっていたハンマーヘッドパークを見に横浜ハンマーヘッドを訪問。

横浜ハンマーヘッド

館内にも公園オープンのニュースがあり、2階テラスとデッキでつながっていると案内されていました。

横浜ハンマーヘッド

「鎌倉紅谷Kurumicco Factory」近くの出入り口がハンマーヘッドパークにつながっています。

横浜ハンマーヘッド

2019年10月撮影

横浜ハンマーヘッド

2019年10月撮影

こちらは横浜ハンマーヘッドオープン直後に撮影した同じ地点の様子です。こんなだった場所に…。

横浜ハンマーヘッド

デッキが建設され、開放的な雰囲気になっています。

横浜ハンマーヘッド

往路左、みなとみらいビュー。

横浜ハンマーヘッド

往路右、海上保安資料館&ベイブリッジビューです。

横浜ハンマーヘッド

下からのハンマーヘッド。

横浜ハンマーヘッド

橋脚?部分。

横浜ハンマーヘッド

デッキ先端まで行くと、正面には海が見えます。

横浜ハンマーヘッド

デッキの先はピラミッドの頂のようなイメージで、下に末広がりの階段が続きます。座ったりできるスペースもあります。

横浜ハンマーヘッド

横浜ハンマーヘッドに遊びに来たときの憩いの場として利用できる場所ですね。

横浜ハンマーヘッド

海近くの遊歩道の床にハートマークを見つけました。

横浜ハンマーヘッド

何の意図かはわかりませんが、砂浜に描いたハートマークみたいで可愛いですね。

横浜ハンマーヘッド

ハンマーヘッドの向こう側に行ってみます。

横浜ハンマーヘッド

反対側から見たところ。現在も稼働可能な状態で保存されているそうです。

横浜ハンマーヘッド

少し離れたところに解説文がありました。

歴史的なものなので絶対にこういうのがあるハズと思い、密かに探していました。

横浜ハンマーヘッド

「そもそもハンマーヘッドって何なの?」という方は、この解説文を読めばバッチリわかります。

ハンマーヘッドクレーン(50トン電気定置式起重機)

新港ふ頭は、1899(明治32)年に埋立を開始し、1914(大正3)年に完成したふ頭です。

ハンマーヘッドクレーンは、この整備に合わせて設置された日本初の荷役専用クレーンです。2001(平成13)年までの88年間、貨物の積み下降ろしに使われ、横浜港の近代化を支えてきました。

このクレーンは、現在も稼働可能な状態で保存されており、当時日本に導入された5基のうち、横浜市、長崎市、佐世保市に残る3基のみとなっています。

横浜ハンマーヘッド

2枚の写真があり、左側の写真は「横浜みなと博物館」が所有しています。こちらは横浜港の発展がわかる博物館なので、ハンマーヘッドの写真があるというのは納得です。

まとめ

横浜ハンマーヘッド

以上、ハンマーヘッドパーク体験記でした。

公園のあるなしにかかわらず商業施設を楽しむことはできますが、歴史的なハンマーヘッドクレーンを囲んでの憩いの場ができたことにより、ひとつの世界観の完成を見たような気がします。

横浜ハンマーヘッドを訪問の際は、公園の方にも行ってみることをおすすめします。

関連記事

横浜ハンマーヘッドに行ってきた!場所とアクセス、全レストラン店舗を紹介します

スポンサーリンク

基本情報

Writing by: