1. TOP
  2. コラム
  3. 現在のページ

「ウェスティンホテル横浜」みなとみらい21地区に2022年5月下旬開業!建設工事も大詰めに

ウェスティンホテル横浜

マリオット・インターナショナルは、横浜・みなとみらい21地区に「ウェスティンホテル横浜(THE WESTIN YOKOHAMA)」を2022年5月下旬にオープンすると発表しました。2021年12月21日、建設地に行ってきたので現場の写真も併せてお伝えします。

スポンサーリンク

「ウェスティンホテル横浜」について

新しく誕生する「ウェスティンホテル横浜」の総客室数は373室を完備し、レストランや様々なウェルネスプログラムを実現する付帯施設を有するフルサービスのホテルです。

東京駅から電車で45分、羽田空港から車で約25分の場所に位置し、ビジネスや観光に便利なロケーションに位置します。

ウェスティンホテル横浜

ウェスティンホテル横浜 外観イメージ

ウェスティンホテルは、「ウェルネス」をコンセプトに自然志向・健康志向を特長とし、心身ともに満たされた「ウェルビーイング」な時間の提供を目指します。

ブランドのウェルビーイングを構成する6つの柱、「スリープ ウェル」「イート ウェル」「ムーブ ウェル」「フィール ウェル」「ワーク ウェル」「プレイ ウェル」を通じ、サービスを提供。

部屋には、ブランドを象徴し受賞歴を誇るヘブンリーベッドを取り入れ、屋外でのランニングプログラム「ラン ウェスティン」、スパやフィットネススタジオ「WestinWORKOUT」、ウェディング施設など様々な付帯施設・サービスを展開します。

ウェスティンホテル横浜

グリルレストラン「アイアンベイ」 内観イメージ

また、フランス料理をベースにした「ブラッスリー・デュ・ケ」、伝統を残しつつ独創的なスタイルで日本料理を提供する「喫水線 (キッスイセン)」、上層階の23階に位置するグリルレストラン「アイアンベイ」、趣向を凝らした「コード・バー」、富士山を望む「シュガー・マーチャント」ペストリー・ショップなど、用途に合わせて利用できる5つのレストラン&バーも用意。

今回の開業により、日本国内で展開するウェスティンホテルは全6軒となります。

施設概要

■開業時期:
2022年5月下旬

■階数:
地上23階

■客室数:
ウェスティンホテル373室
※一部サービスを連携する長期滞在型ホテル201室を併設

■付帯施設:
レストラン、バンケット、ウェディング、チャペル、ミーティングルーム、スパ、プール、フィットネス等

「ウェスティンホテル横浜」現地の様子

ホテル建設地のみなとみらい44街区は、以前は商業施設「アルカエフ」として、ホームセンター「セキチュー 横浜みなとみらい店」と「生鮮館 みなとみらい店」が営業していた場所です。

ウェスティンホテル横浜

2021年12月21日現在、外観はほとんどできあがっています。

関連記事 ↓建築概要や工事中の様子はコチラ

ウェスティンホテル横浜

訪問したときは、庭など外回りの工事中でたくさんの方が作業してました。

ウェスティンホテル横浜

完成予定日は2022年2月28日となっています。

(仮称)MM37タワー

(仮称)MM37タワー

隣接地は大型音楽アリーナ「ぴあMMアリーナ」、大通りの向かいは2021年4月に開校した「神奈川大学 みなとみらいキャンパス」です。

また、ウェスティンホテル横浜の斜め向かいでは「(仮称)MM37タワー」の建設工事が進むみなとみらいの再開発現場でした。

スポンサーリンク

基本情報

  • 名称:ウェスティンホテル横浜
  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい4-2-8

Writing by: