1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

【バレンタイン2022】横浜 高島屋やそごうのチョコがネットで買える!神奈川ブランド品も紹介

バレンタインデー

2022年もバレンタインチョコで悩む季節が到来。

横浜駅百貨店の恒例催事、横浜高島屋「アムール・デュ・ショコラ」、そごう横浜店「バレンタイン ヨコハマ チョコレート パラダイス」も開催され、オンラインでも百貨店セレクト商品が購入可能に。また、ホテルメイドや地元ブランドなど、おすすめチョコレートを幅広く紹介。

スポンサーリンク

百貨店のショコラフェスをチェック!

横浜駅にある2大百貨店「横浜高島屋」「そごう横浜店」では、毎年恒例のバレンタインチョコレートの催事を2022年も開催。こちらをチェックすればチョコレートのトレンドがわかります。

また、リアルに店舗を訪問しなくても、百貨店セレクトのチョコレート商品のネット購入することができるのが便利なポイントです。

横浜高島屋「アムール・デュ・ショコラ」

横浜高島屋では、毎年恒例のショコラの祭典「アムール・デュ・ショコラ」を8階の特設催会場にて開催。日本初上陸のブランドや老舗ブランドなど100ブランドが集結します。

また、高島屋オンラインストアでは店舗に先駆けて販売開始。2022年1月6日~2月9日の期間限定で「アムール・デュ・ショコラ」の商品を含め、バレンタインチョコを購入できます。

  • 店舗開催期間:2022年1月26日~2月14日
  • 特設サイト:アムール・デュ・ショコラ
  • ネット販売期間:2022年1月6日~2月9日(10:00まで)

そごう横浜「バレンタイン ヨコハマ チョコレート パラダイス」

そごう横浜店では、毎年恒例の「バレンタイン ヨコハマ チョコレート パラダイス」を8階=催会場にて開催。地球環境や社会に配慮して作られたチョコレートなどが集結します。

また、オンラインショップ「西武・そごうのe.デパート」では、2022年2月6日まで「e.デパートのバレンタインデー」を開催。

「ねんりん家」の期間限定商品!デ・ラ・ショコラ ギンザが販売開始

バームクーヘンブランド 「ねんりん家」は、バレンタインシーズン限定品「デ・ラ・ショコラ ギンザ(1,512円)」を発売。ねんりん家の店舗(そごう横浜店地下2階)で販売されています。

横浜みなとみらい高級ホテルメイドのチョコレート

ちょっと趣向を変えて、横浜・みなとみらいの高級ホテル内のショップでチョコレートを選ぶというのも素敵。数量限定での販売が多いので、気になる方は早めにチェックしてみてください。

横浜ロイヤルパークホテルの「コフレ」

横浜ロイヤルパークホテルの「コフレ」

ソシソンショコラ(手前左)、サブレショコラ(手前右)

横浜ロイヤルパークホテルでは、2022年2月10日~2月14日の期間、「バレンタインフェア2021」を開催。1階デリカ&ラウンジ「コフレ」にて、ソシソンショコラ(いちご、ショコラ)各1,200円、サブレショコラ(5個入り)2,000円が提供されます。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの「アイマリーナ」

アイマリーナ

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルでは、2022年1月24日~2月14日の期間、2階グルメ&スーベニール「アイマリーナ」にて、ショコラティエールが仕上げたバレンタイン限定ボンボンショコラアソート「ショコラ バレンタイン」を販売。

9種類それぞれにショコラティエのこだわりが詰まった詰め合わせボックスは、9個入り(3,969円)、6個入り(2,917円)、3個入り(1,323円)。

横浜ベイホテル東急の「ソマーハウス」

ソマーハウス

横浜ベイホテル東急では、2022年2月5日~2月14日の期間、2階ラウンジ「ソマーハウス」内のペイストリーショップにて、バレンタインギフトを販売します(※1月15日~予約開始)。

チョコレートアソートメント「バレンタインショコラ」3,000円(限定60セット)、華やかなスイーツの詰め合わせ「バレンタイン ジュエルボックス」6,800円(限定20セット)を提供します。

スポンサーリンク

2022年、横浜で注目のチョコレートショップ

横浜初進出や新規オープン店舗など、横浜で気になるチョコレートショップをピックアップ。

英国発!ホテルショコラ、みなとみらい進出

ホテルショコラ

ホテルショコラ 横浜グランゲート店

イギリス全土に125以上の店舗を展開しているカカオブランド「ホテルショコラ」。2021年8月6日に「ホテルショコラ 横浜グランゲート店」がオープンし横浜初進出。続く2021年10月29日に「ホテルショコラ マークイズみなとみらい店」もオープン。

ココアスイーツやギフトにふさわしいチョコレート商品を展開してます。

鎌倉発!メゾンカカオ ニュウマン横浜店

メゾンカカオ

「メゾンカカオ」は鎌倉発祥のアロマ生チョコレートブランドで、横浜の店舗が2020年6月24日、ニュウマン横浜1階にオープンしています。

2022年は、オリジナル生チョコ陶箱入りの「伊万里焼 アロマ生チョコレート MAISON」や新作生チョコレート11種、サントリーとのコラボ商品などを展開。そごう横浜店にも催事出店します。

イタリア発!Venchi(ヴェンキ)そごう横浜店

Venchi(ヴェンキ)

2021年3月9日、「Venchi(ヴェンキ) そごう横浜店」がオープン。イタリア発の老舗チョコレート・ジェラート専門店で神奈川県初の出店です。ジェラートや量り売りのチョコレート、ギフトにふさわしい箱入りの商品などを展開しています。

王道&定番のチョコレート

迷い過ぎて何が正解か分からなくなったとき、考えるのがめんどうなときは、王道&定番のチョコレートブランドに立ち返ってみるのもいいかも。

ゴディバ

毎年どんなパッケージになるのか密かに楽しみにしているのがゴディバ。2022年のバレンタイン限定コレクションは「ときめく心」がテーマ。

ゴディバの制服をまとった『すみっコぐらし』の人気キャラクター達が描かれた限定チョコレートをアソートした「ゴディバ × すみっコぐらし アソートメント」では、ポーチ付きのアイテムも登場します。

バレンタインコレクションは2022年1月7日発売。百貨店店舗やゴディバ公式(RAKUTEN)などの通販サイトでも販売されています。

サンリオでは「ゴディバ×サンリオ」ギフトを展開

また、サンリオでは毎年恒例のバレンタインコラボ商品「GODIVA×ハローキティ・GODIVA×マイメロディ」を展開。

サンリオ直営店やサンリオオンラインショップ、サンリオ公式(RAKUTEN)などで2022年1月6日から販売されています。

ロイズ

北海道のチョコレートメーカ「ロイズ」の生チョコレートは何度食べても美味しい名品。全国に多くのファンがいらっしゃるのではないでしょうか。

横浜にロイズ直営店はありませんが、全国の催事場に出店することが多いので目にする機会はあります。ロイズ公式(RAKUTEN)などオンラインでも取り寄せ可能です。

横浜地元ブランドのチョコレート

最後に神奈川県内発祥のチョコレートブランドで、実際に食べてみて美味しかったところを紹介します。こだわりのチョコレートを探している方にもおすすめです。

ブルーカカオ

ブルーカカオ

「BLUE CACAO(ブルーカカオ)」は、横浜・緑園都市で洋菓子店「パティスリー・ラ・ベルデュール」など3店舗を営むシェフの服部明さんが、2020年シァル横浜に開業したショコラトリーです。

ボンボンショコラや厳選されたフルーツ素材を使ったタブレット、ロールケーキやカカオサンドなど味も見た目もお洒落な商品を展開しています。

バニラビーンズ

バニラビーンズみなとみらい本店

バニラビーンズみなとみらい本店

バニラビーンズは、カカオ豆の焙煎から作る「Bean to Bar」チョコレート専門店です。みなとみらいに本店があり、商業施設の横浜ハンマーヘッドや三井アウトレット横浜ベイサイドの中にも出店しています。

また、RAKUTENのオンラインショップで数々の受賞歴があるショップです。

バレンタイン限定商品の取り扱いもあります。

定番商品は正方形のチョコ菓子が特徴的で美味しいです。最高級ガナッシュ(生チョコレート)をクッキーで挟んだものが「ショーコラ」、3層のチョコレートからなる濃厚なケーキが「パリトロ」。商品パッケージがモノトーンでお洒落なのも魅力です。

シルスマリア

シルスマリア馬車道本店

シルスマリア馬車道本店

「生チョコレート発祥の地」と言われているシルスマリア。平塚発祥の老舗洋菓子店と記憶しておりますが、現在は馬車道にある店舗が本店となっています。通年生チョコレートが販売されており、シルスミルク「公園通りの石畳」は神奈川県の指定銘菓になっています。

また、2022年バレンタイン限定商品も展開され、横浜高島屋やそごう横浜店での催事出店もあります。

実店舗は、馬車道本店/平塚店/シァル桜木町店/南町田グランベリーパーク店/シルスマリア ラボがあり、シァル桜木町店は桜木町駅の広場に面しているので買い物しやすいです。通販ですと、シルスマリア(RAKUTEN) などのショップでチョコレートを購入することができます。

まとめ

以上、横浜でバレンタインのお買い物をするならということで、私的にもチェックリストが必要なのでまとめてみました。依然として外出するリスクはゼロではないので、なるべく通販で購入可能なものを選んでいます。チョコレート選びの参考になれば幸いです。

Writing by: