1. TOP
  2. コラム
  3. 現在のページ

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズのクラブフロア宿泊記!プール・ジムも無料で利用可能

投稿日: 2020年10月15日 ,
横浜ベイシェラトンのロビー

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(シェラトン横浜)のクラブフロアに宿泊し、1泊2日でクラブラウンジに入り浸ってきました。シェラトンスポーツクラブのプールも体験。ホテル滞在中、レストランやショップなどの館内施設もチェックしてきたので宿泊記としてまとめています。

スポンサーリンク

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズのアクセス

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

横浜市民の私が横浜駅西口のホテルと言われて真っ先に思い浮かぶのが、横浜駅の目の前にそびえ立つ「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」。マリオット系列のシティホテルです。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

公式サイトで横浜駅西口から徒歩1分とうたわれており、横浜駅構内からホテル外観を確認しても、その近さがわかります。

雨の日もジョイナス地下街(フロアガイド)をヨドバシカメラの方向に進めばホテル地下1階にアクセスできますし、高島屋2階からホテル2階につながる連絡通路もあります。

横浜ベイシェラトンロビー(1階)の様子

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

今回、宿泊はクラブラウンジ付きの客室なので、エレベーターで直接26階のクラブラウンジに行くことにより、ラウンジでのチェックインが可能でした。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

ですが、ホテルに入ったら受付が目に入ったので、普通にロビー階でチェックインすることにしました。これから多くの時間をクラブラウンジで過ごすことになるので、ラウンジは後で行けばいいという感覚でした。

スポンサーリンク

シェラトンクラブフロアの客室(24階~27階)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

24階~27階がシェラトンクラブフロア。専用のクラブラウンジを利用できる客室となります。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

客室タイプは「クラブツイン」です。雰囲気はいたって普通ですが、備品やアメニティーは充実していて、シェラトンシグネチャーベッドの寝心地は上々でした。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

アメニティーブランドは「le grand bain」でシェラトンオリジナルブランド。タオルやバスローブ、パジャマに至るまでシェラトンのロゴ入りの「S」尽くしでした。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

お部屋は最上階の27階でしたので、普段は見られない横浜駅の眺めを興味深く観察できました。JR横浜タワー12階「うみそらデッキ」の緑地も見えます。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

ちなみに、こちらが「うみそらデッキ」側からみた横浜ベイシェラトン。

ホテル滞在時は天気に恵まれず、横浜ベイシェラトン外観のいい写真が撮れなかったので、過去に撮影した写真を探してみました。

関連記事 客室詳細はこちら

横浜ベイシェラトンのレストラン

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズにはレストラン&バーとして8店舗(飲食店が7店舗、ペイストリーが1店舗)があります。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

ホテル高層階には高級店が3店舗。

  • フレンチ/スカイラウンジ「ベイ・ビュー」28階
  • 鉄板焼「さがみ」28階
  • 日本料理「木の花」8階

「木の花」がある8階には日本庭園が造られています。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

残りの4店舗は、豪華なシャンデリアが目印となっている1階から3階の吹き抜けフロアに入っています。ケーキショップは地下1階です。

  • 中国料理「彩龍」3階
  • バー「ベイ・ウエスト」3階
  • オールデイブッフェ「コンパス」2階
  • ラウンジ「シーウインド」2階
  • ペストリーショップ「ドーレ」地下1階

オールデイブッフェ「コンパス」については朝食で利用したので、記事の後半に解説します。

関連記事 レストランを巡ってみた詳細はこちら

横浜ベイシェラトンのホテル施設

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

地上28階~地下4階にわたる横浜ベイシェラトン。普段ホテルの中を見て回ることはないので、宿泊を機にできる限りで見学。クラブラウンジ滞在の合間にシェラトンスポーツクラブのプールも楽しみました。

シェラトンスポーツクラブ(7階)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

シェラトンクラブフロアの宿泊客は、7階にあるシェラトンスポーツクラブを利用できます。受付では記名と検温がありました。

ジム用のウェアやシューズ、男女の水着のレンタルについては、やってない時期もあったようですが、訪問時は全て有料でレンタル可能でした。タオルについてはロッカールームにあるものを使うことができます。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

ジムには一通りのものがそろっており、ランニング、筋トレ、エクササイズが可能となっています。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

水着を持参していたので更衣室で着替えて、ジムのプールでひと時を過ごしました。

メインのプールは3レーンになっており、スポーツ水着の会員さんと思われる方たちが泳いでいました。雰囲気的にレジャープール感覚ではしゃぐような場所とは違うかな。水着を持参される場合は、女性はスポーツ風なものをおすすめします。

入室すると監視員の方が水泳帽を持ってきてくれましたが、私は温水ジャグジーに浸かる程度で泳がず、後は水音を聞きながらデッキチェアーでくつろいでいました。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

ソラリーンという室内日光浴器が2台ありました。デッキチェアーに寝そべり、上に取り付けられたライトで照射されるというものです。

近くにいたら監視員の方が「スイッチ入れましょうか」と世話を焼いてくれたのですが、日焼け的なことは全くやりたくなかったのでお断りしました。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

水に浸かった後も、更衣室には水着の脱水機があるので安心です。

お風呂こそありませんでしたが、個室シャワーとサウナがありさっぱりすることができます。パウダールーム備え付けのアメニティが思いのほか充実していて、さすがホテルのジムだと感じました。

エステティックサロン「たかの由梨」(7階)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

スポーツクラブの隣にエステの「たかの由梨」が入っています。

高島屋の衣装サロン(7階)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

エステティックサロンの近くに高島屋の衣装サロンがありました。

結婚準備される方のコーナーですね。

結婚式場フロア(6階)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

一般客には関係のない場所ですが、6階フロアにチャペルや神殿、美容着付室「ハツコ エンドウ ウェディングス」、フォトスタジオ「SOMETHING For by FOUR SIS & CO.」などのウェディング関連施設が集まっていました。

各種イベント&宴会場(5階・4階)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

5階・4階はイベント&宴会場となっています。

訪問時は高島屋のグランドエキサイティングバーゲンが開催されており盛況でした。

ホテル内、6階から2階フロアの間はエスカレーターが設置されており、簡単に上下の移動ができるようになっています。結婚式場として利用しやすいように設計されているのだと思われます。

ショップ(1階)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

1階の片隅に3つのショップがあります。フラワーショップ、宝石店、マダムの衣装の販売店でした。

クラブラウンジの様子(26階)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

以下はシェラトンクラブラウンジの様子です。

クラブフロアに宿泊のときは、クラブラウンジに直行でチェックインできます。このとき、カードキーをかざす必要はありません。ただし、同フロアの客室エリアへに行くにはカードキーが必要です。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

クラブラウンジの内装はお洒落で高級感があり、26階にあるので横浜のパノラマビューを堪能出ます。ラウンジを含めたクラブフロアは、2017年4月1日にリノベーションが終了して、綺麗になったと評判のようです。

オールデイスナック(10:00 – 22:00)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

ドリンクバーやお菓子が置いてあるエリア。

お菓子は個包装の輸入菓子が置いてあり、衛生面では安心です。ただ、ラインナップは寂しい印象で、コロナ後スケールダウンしています。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

このエリアは天井が吹き抜けになっていて、よく見るとわかる四角いウインドウは1つ上の階、27階フロアのものです。ウインドウはランタンのような照明器具を効果的に見せる演出だと思われますが、27階に宿泊した私たちは、上からラウンジの様子を覗くのに利用してました。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

15頃にはフィナンシェが登場します。

カクテルアワー(17:00 – 20:00)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

カクテルアワーになると、キリン一番搾りの樽、リキュールやワインのボトルが並びます。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

飲み始めは、赤ワインより飲みやすい白ワインからスタートするのが自分的飲みかた。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

なお、イブニングオードブルはビュッフェ形式を中止しているところ。訪問時はオードブルが機内食のような形で提供され、お酒を飲む場としてはちょっとアレですが、夕食の代わりとしては十分でした。

また、ラウンジ内の密を防ぐため、カクテルアワーは2部制(週末は3部制)をとっていて、あらかじめ予約した時間内(75分間)で利用するという制限もありました。

関連記事 

コンパスでの朝食(7:00-10:00)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

シェラトンクラブフロアに宿泊のときは、朝食会場は原則的に2か所(クラブラウンジ/コンパス)から選べることになっています。両方とも朝食ビュッフェは中止中の状況です。

クラブウンジではクラブブレックファスト(洋食または和食プレート)を要予約。または、2階レストラン「コンパス」の朝食券を出してもらい、利用する形です。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

アメリカンブレックファスト

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

和定食

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

コンパスでの朝食定食は8種類用意(ステーキメニューは追加料金)されていて、チョイスした「アメリカンブレックファスト」「和定食」は美味しくて量も十分でした。

関連記事 

まとめ

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

ラウンジ「シーウインド」近くのグランドピアノ

以上、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズのクラブフロア宿泊記でした。

いつも見かけているのによくわからない。いわば近くて遠い存在だった横浜ベイシェラトンに宿泊したことにより、横浜駅西口界隈について明るくなれたような気がします。

ホテル自体は新しくない雰囲気ですが、煌びやかで風格のある佇まいが素敵でした。

そういえば、みなとみらいにあるランドマークプラザと雰囲気が似てるかなと感じて。調べてみたら、ランドマークプラザが1993年創業、横浜ベイシェラトンが1998年創業でした。この5年差が同時期と言えるのか、その辺は建築素人なのでわかりません。

基本情報

Writing by: