1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

崎陽軒「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」買ってみた!沖縄を感じられる楽しいお弁当に舌鼓


,
ちむどんどんする横浜・沖縄弁当

2022年5月13日に発売された、横浜・崎陽軒の期間限定弁当「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」を買ってきました。NHKの連続テレビ小説「ちむどんどん」の中で横浜市鶴見区が舞台の1つになったことをきっかけに登場したお弁当です。

スポンサーリンク

崎陽軒「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」

崎陽軒

今回は崎陽軒ランドマークプラザ店でお買い物。

崎陽軒

「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」の販売期間は2022年5月13日~2022年9月30日予定となっており、秋に終了すると思われる「ちむどんどん」のドラマ放映期間と合わせているようです。

崎陽軒

掛け紙には、沖縄っぽい紋様と横浜の「鶴見つばさ橋」が描かれています。

崎陽軒

掛け紙裏側には、各おかずの沖縄ポイントについて解説があり、読みながら食べることができます。また、沖縄と横浜鶴見の関係について説明文があり、一読するとドラマに対する理解が深まりそうです。

崎陽軒

沖縄が本土復帰50年を迎えた2022年5月15日。

復帰の年は1972年ですが、南国グアム島のジャングルに28年間潜伏していた残留日本兵・横井庄一さんが日本に帰国したのも1972年だそう。自分は生まれてないので当時どんなだったかは分かりませんが、そんなことも考えながらお弁当完食。

崎陽軒

特に気に入ったのが「鮪の漬け焼入りゴーヤチャンプルー」「沖縄県産もずくのシークヮーサー入りサラダ」「沖縄県産黒糖入りわらび餅」で、崎陽軒流・沖縄料理を楽しめました。

※朝ドラ「ちむどんどん」もハチャメチャな展開?を楽しんています。

商品内容

■名称:
ちむどんどんする横浜・沖縄弁当

■価格:
税込1,080円

■販売期間:
2022年5月13日(金)より2022年9月30日(金)まで 予定

■取扱店舗:
店頭販売:横浜市内・川崎市内を中心とした約50店舗 予定
予約販売:神奈川エリアを中心とした約100店舗 予定

■販売数量:
約100,000個/期間 予定

■URL:
https://kiyoken.com/

■内容:
「三浦産芽ひじき入りジューシー(トッピング:山せり) 」
沖縄の炊き込みごはん「ジューシー」を崎陽軒風に。柔らかな三浦産芽ひじきや豚バラ肉など、6種類の具材で味わい深く仕上げました。

「鮪の漬け焼入りゴーヤチャンプルー」
シウマイ弁当でお馴染みの「鮪の漬け焼」とゴーヤを玉子とともに炒めました。ごま油香る、程よい苦みの一品です。

「さかな天ぷら」
ふっくらと柔らかいカレイを塩味の付いた厚い衣でもっちりとした食感が特長の沖縄風天ぷらに。沖縄ではウスターソースをかけて食べることも。

「沖縄県産もずくのシークヮーサー入りサラダ 」
沖縄県産もずくにオクラ、カニ風味蒲鉾、海藻麺を合わせた食感の楽しいサラダ。沖縄県産シークヮーサーの爽やかな味わい。

「沖縄県産黒糖入りわらび餅 」
黒糖の優しい甘さ、もっちりとした食感のわらび餅です。

その他、昔ながらのシウマイ3個、人参煮、蓮根煮、千切り生姜。

関連記事

Writing by: