1. TOP
  2. スポット
  3. 現在のページ

ランドマークタワー展望台 | 誕生日なら無料で絶景が楽しめる!

投稿日: 2018年07月02日 ,
ランドマークタワー

横浜ランドマークタワー69階にある展望台「スカイガーデン」、自分の誕生日当日は入場料無料で入場できるってご存知でしたか?

同伴者については無料ではありませんが割引で入場できるということなので、今回は同伴者として誕生日無料キャンペーンに参加してみました。

スポンサーリンク

ランドマークタワーの展望フロアへ

ランドマークタワーの展望フロア入口

ランドマークタワー3階の屋外通路(歩く歩道)に面するスカイガーデン展望フロア入り口です。

過去に2回ほど昇ったことがあるのですが、今回は約5年ぶりの訪問となります。久しぶり。

スカイガーデンの営業時間と入場料

スカイガーデン入場料

スカイガーデンの通常の営業時間と入場料は以下の通り。

営業時間

平日・日曜日10:00~21:00
土曜日10:00~22:00

入場料

大人1,000円
高校生・65歳以上800円
小・中学生500円
幼児200円

誕生日無料キャンペーンについて

スカイガーデン誕生日無料

こちらが誕生日無料キャンペーンのポスターです。

注意してみるとランドマークタワー内などでちょいちょい告知がされていますが、最近まで全然気がつきませんでした。。。

誕生日当日の人はスカイガーデン入場料が無料♪

誕生月ではなく誕生日当日のみの適用になりますので注意しましょう。

また、同伴者は4名まで割引料金で入場可能(大人は700円)ということです。

その他特典など、詳細については公式サイトでご確認ください。

公式サイト

誕生日無料キャンペーンのお知らせ(ランドマークタワー公式)

チケット売り場へ

スカイガーデン入口

入場するとエスカレーターがあり、1つ下の階のチケット売り場へと案内されます。

スカイガーデンチケット売り場

チケット売り場はこちら。

バースデイの人は窓口で誕生日がわかる証明書を見せると、入場チケットが無料に。同伴者がいる場合は一緒に申し出るとチケットが割引料金になります。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

2018年3月3日放送の「出没!アド街ック天国」でスカイガーデンが紹介されたんですよね。

私も放送見てました。特集スポットが気になる人は下記の記事をチェックしてみてください。

関連記事

アド街ック天国「横浜ベイエリア」特集まとめ(2018年3月3日放送)

高速エレベーターに搭乗

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

エレベーター搭乗口でチケットチェックを受け奥へ。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

スカイガーデン行きのエレベーターは「世界最高速乗用エレベーター」としてギネスブックの認定を受けています。

(ただし最新のパンフレットでは日本最高速となっているので、今は世界最速ではないのかもしれませんね。)

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

最高速度分速750m、地上2階から69階までを約40秒で結ぶエレベーターはギャラクシーな雰囲気。

また、あっという間に到着してしまうので、エレベーターのガイドさんは少し早口気味(笑)

スカイガーデン詳細

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

高さ273m、ランドマークタワー69階に位置する展望フロア「スカイガーデン」に到着。

周囲はぐるりとガラス張りになっており、北東、北西、南西、南東の4方向からの眺めを楽しむことができます。

北東方向

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

エレベーターを降りると、正面に見えるのが北東エリア。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

ハートのオブジェにはたくさんのお願いカードが括りつけられており、来場者は七夕の短冊のような感じで利用することができます。

カードは一年に一度富士山の山頂にある浅間大社に奉納してお焚き上げするのだそう。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

各エリアごとにランドマークタワー開業時の1993年と2012年現在の比較写真があります。

(1993年が白黒写真になっているのがちょっと切ない。)

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

北東の眺望はザ・みなとみらい。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

スカイガーデンの中で一番華やかなビュースポットです。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

5年前にスマホで取った写真なのであまりきれいではありませんが、夜景はこんな感じです。

北西方向

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

北東エリアから反時計回りに移動し北西エリアへ。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

各エリアの上部には、おもな見どころの名称入りのパネルがあるので便利です。

天気が良ければ富士山も見えるようですが、この日は曇っていて見えませんでした。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

比較写真を見ると、埋立地にマンションの建設ラッシュがあったのだとわかります。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

みなとみらいのタワマンビュー。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

京急本社ビルやmmアリーナなど、今まさに建設中のエリアも確認することができます。

関連記事

京急本社ビル 移転先のみなとみらいの建設工事現場がユニークだった

mmアリーナ計画 みなとみらいにぴあの新アリーナが建設中2020年開業予定

南西方向

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

南西エリアには展望台カフェ「スカイカフェ」があります。

人気のソファー席はスカイカフェ専用の席で、この日は日中は自由席(早い者勝ち)夕方以降は予約席になっていました。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

眺望としては掃部山公園や野毛山公園など、市街地の中の森を実感することができます。

スカイカフェ

スカイカフェ

スカイカフェの注文口です。

スカイカフェ

ラウンジ風の店内、テーブル席やカウンター席が設けられています。

スカイカフェ

メニューはランドマークにちなんだカクテルなど、ちょっと変わったものもあります。

詳しいメニューについてはスカイカフェ公式サイトで確認することができます。

公式サイト

スカイカフェ(ランドマークタワー)

スカイカフェ

スカイガーデンの高さにちなんで盛られた「タワークレミア」は1日10個限定。

スカイカフェ

誕生日特典で同伴者も含む全員のワンドリンクが半額になります。

「ランドマークタワー(左)」と「スカイラバーズ(右)」のカクテルをオーダー。

各800円→各400円になりました。当人だけでなく同伴者も値引きされるのが嬉しいですね。

ランドマークタワーはスカイラバーズよりアルコールが強めでした~。

スカイカフェ

カクテルと一緒にバゲットサンド(880円)もいただきました。

似顔絵コーナー

スカイガーデン内の様子

観光地によくある似顔絵コーナー、スカイガーデン内にもあります。

似顔絵の注文で「バースデーケーキのイラスト+デコ文字(1,000円相当)」が無料という誕生日特典がありますが、私たちは利用しませんでした。

南東方向

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

南東エリアの眺望です。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

主に横浜市中区が見渡せます。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

眺望のポイントは横浜スタジアムでしょうか。

横浜ランドマークタワー展望フロア スカイガーデン

港町らしい景観が見渡せるポイントでもあります。

タワーショップ

タワーショップ

タワーショップというギフトショップがあるので、お土産や記念品を買うことができます。

タワーショップ

タワーショップおすすめ商品。

タワーショップ

タワーショップ

ランドマークモチーフのグッズ等が並んでいます。

タワーショップお土産

ショップのバッグはこんな感じ

タワーショップお土産

ランドタワーデザインのフェイスタオル(1500円)を購入。

誕生日の特典でランドマークタワーのシールをもらいました。

スポンサーリンク

スカイガーデンの感想など

横浜ランドマークタワーの展望台スカイガーデンは一度は行ってみたい場所ですが、要は景色を眺めるだけの場所なので、正規料金の1,000円というのはリピートするには高額かなと思っておりました。

そんな訳でしばらく展望台に足を運んでいませんでしたが、誕生日無料キャンペーンのおかげで、大人2人で2,000円かかるところが700円で済んだし、ドリンク代も2人分半額になり、お得にスカイガーデンを満喫することができました。

単に無料ということならば、スカイガーデン無料開放日を利用することもできますが、こんな日は混雑必至と思われますので、誕生日キャンペーンのほうが他人とかぶらず混雑フリーで楽しめるというメリットもあります。

基本情報

Writing by: