1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

横浜ベイシェラトンでシャインマスカット&マロンのスイーツブッフェ開催!秋の夜を贅沢に

Sweets Parade ~シャインマスカット&マロン~

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズでは、スイーツブッフェ「Sweets Parade ~シャインマスカット&マロン~」を、2階ラウンジ「シーウインド」にて、2021年9月2日より期間限定で開催。秋の味覚を代表する旬の食材を心ゆくまで楽しめる、夜開催のスイーツブッフェです。

スポンサーリンク

Sweets Parade ~シャインマスカット&マロン~

華やかな香りと上品な甘さ、見た目も鮮やかなエメラルド色のシャインマスカットと、かつては天皇陛下に献上したともいわれる極上の和栗、熊本県産”やまえ栗”を惜しみなく使用した贅沢なスイーツが勢揃い。秋食材を使用したライトミールも楽しめます。

Sweets Parade ~シャインマスカット&マロン~メニュー

スイーツメニュー<スペシャルスイーツ>

やまえ栗のモンブラン

スペシャルスイーツ やまえ栗のモンブラン

こく深い甘さが特徴の”やまえ栗”を使用した、搾りたてのなめらかなマロンクリームと香ばしいほうじ茶ソース、大粒の”やまえ栗”をトッピングした「やまえ栗のモンブラン」。

スイーツメニュー<スイーツプレート12種>

シャインマスカットショートケーキ/ムースショコラマロン/レアチーズケーキ/栗のパウンドケーキ/アップルパイ/シャインマスカットタルト/抹茶あんみつ/日本酒ヴェリーヌ/キャラメルカフェ/長野パープルとシャインマスカット サマーシトラス /白あん羊羹/栗のクリームブリュレ

シャインマスカットショートケーキ(手前)レアチーズケーキ(奥)

「シャインマスカットのショートケーキ」は、粒ぞろいのシャインマスカットと素材にこだわった生クリームのコンビネーションが絶妙な一品。

シャインマスカットタルト

栗のパウンドケーキ(中)抹茶あんみつ(奥)アップルパイ(右下)

日本酒ヴェリーヌ(右下)、栗のクレームブリュレ(左上) 長野パープルとシャインマスカット サマーシトラス(右上)

「和」のテイストを織り交ぜた各種デザートも用意。「日本酒ヴェリーヌ」は、酒粕のムースと日本酒のジュレに栗とシャインマスカットをあわせたグラスデザートです。

ライトミールメニュー

スモークサーモンのサラダ/栗ご飯/さつま芋ときのこのポタージュ/ビーフシチュー/オープンサンド/フルーツ盛り合わせ

スモークサーモンのサラダ

栗ご飯

さつま芋ときのこのポタージュ

ビーフシチュー

飲み物

コーヒー(ホット・アイス)/紅茶(ホット・アイス)/デトックスウォーター/オレンジジュース /赤白ワイン/ノンアルコールスパークリングワイン/スパークリングワイン

Sweets Parade ~シャインマスカット&マロン~ 開催概要

■場所:
ラウンジ「シーウインド」2F

■期間:
2021年9月2日(木)~ 10月1日(金)毎週木・金
※9月4日(土)、9月11日(土)、9月23日(木・祝)追加開催

■時間:
17:30 ~ 20:00 (LO 19:30)

■料金:
1人 5,500円

秋限定アフタヌーンティーセットも発売

ラウンジ「シーウインド」で人気のアフタヌーンティーセットも秋の装いに。

上段には和栗のモンブランをはじめ、旬のシャインマスカットとマロンをふんだんに使用したかわいらしいスイーツを、中段にはホームメイドの焼きたてスコーン、下段にはマロンとチキンのキッシュなど、秋を存分に楽しめるメニューがそろいます。

飲み物は190年以上の歴史を持つドイツの老舗紅茶メーカー「ロンネフェルト」のお茶やコーヒーなど、合計20種より選択できます。

アフタヌーンティーセット~シャインマスカット&マロン~開催概要

■場所:
ラウンジ「シーウインド」2F

■期間:
2021年9月1日(水)~11月12日(金)

■時間:
12:00~ 毎日開催

■料金:
4,800円

※記載料金には、サービス料(10%)・消費税が含まれます。
※仕入れの状況により、一部料理内容の変更(フルーツの入荷含む)、または盛り付け等が変わる場合があります。
※自治体の要請により、営業時間や提供内容が一部変更する場合があります。
※写真はイメージです。

【予約・お問合せ】
レストラン総合予約:
045-411-1188 (10:00~18:00)
URL:
https://portal.marriott.com/tyoys-yokohama-bay-sheraton-hotel-and-towers-dining/lounge-seawind

関連記事

スポンサーリンク

基本情報

Writing by: