1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

ブラフベーカリー日本大通り店でお買い物!名物のキャロットケーキはやはり絶品だった


ブラフベーカリー日本大通り店

横浜・元町に本店があるブラフベーカリーの2号店・日本大通り店に行ってきました。イートインはないテイクアウト専門のパン屋です。今回の目当ては名物のキャロットケーキ。また、訪問時人気メニューのランチボックスは販売終了商品になっていました。

スポンサーリンク

ブラフベーカリー日本大通り店の場所

ブラフベーカリー日本大通り店

場所はみなとみらい線の日本大通り駅1番出口から馬車道方面へ徒歩2分ほどのところです。

通りは日本大通り沿いではなく本町通り沿いにあり、セブンイレブンとスギ薬局の間の雑居ビル1階に店舗があります。はす向かいが横浜市開港記念会館(ジャックの塔)という位置関係。

ブラフベーカリー日本大通り店

大きな白いBBのロゴが目印です。

ブラフベーカリー日本大通り店とは

ブラフベーカリー日本大通り店

ブラフベーカリーは栄徳剛氏がオーナーシェフを務め、本格的なニューヨークスタイルのパンを提供する人気店。本店は元町にあり、日本大通り店は2号店になります。

関連記事

また、2021年3月にオープンした横浜高島屋のパンコーナー「ベーカリースクエア」にブラフベーカリーが入り、横浜駅西口でも買い物できるようになりました。

ブラフベーカリー日本大通り店

ブラフベーカリー元町本店で見つけた張り紙。日本大通り店で提供の人気メニュー「ランチボックス」が、2021年2月26日にて販売終了となっているので、訪問の際はご注意ください。

スポンサーリンク

ブラフベーカリー日本大通り店の店内

ブラフベーカリー日本大通り店

細長い店舗スペースで一番奥のほうにレジがあります。

トングが無くて手袋をしてパンを手づかみする方式は本店と同様です。

ブラフベーカリー日本大通り店

ブラフベーカリー日本大通り店

ブラフベーカリー日本大通り店

食パンのブラフブレッド、クロワッサン、シナモンロール、ミルクスティック、ベーコンを使ったパンなどなど、美味しそうなパンが並びます。

ブラフベーカリー日本大通り店

今回買いたいと思っていたキャロットケーキもありました。残り2個。

ブラフベーカリー日本大通り店

ベーグルの種類が豊富で8種類ほどあります。本店では気がつきませんでした。

ブラフベーカリー日本大通り店

フィリングが3種類あります。お好みのベーグルとフィリングをチョイスしてサンドイッチにしてもらうこともできます(だいたい500円くらいになるとのこと)。

また、単品で購入することも可能です。

ブラフベーカリー日本大通り店で購入したパン

ブラフベーカリー日本大通り店

クロワッサン(250円)。大きくて丸の形に形成されています。

生地が詰まっていてわりと歯ごたえが感じられるタイプ。個人的には軽めが好みですが、これが好きという方もいらっしゃると思います。バターの風味が口いっぱいに広がります。

ブラフベーカリー日本大通り店

シナモンロール(320円)。サイズ感は大き目。

クリームはシュガーのジャリジャリ感、少しの塩味が感じられ濃厚です。しっかりふっくらしたパンとの相性が楽しめました。

ブラフベーカリー日本大通り店

マルゲリータ(430円)。わりと大き目。

独特の生地が詰まった感じがピザではとても良い感じ。上に乗っているものも本格的で満足感の高いピザパンでした。

ブラフベーカリー日本大通り店

キャロットケーキ(520円)。カットされたサイズによって値段が違います。

まず上にのっている部分がレアチーズケーキのような感じでめちゃくちゃ美味しい。下の生地部分はパウンドケーキの一種でしょうか。やわらかすぎず固すぎずしっとりしていて、舌触りが絶妙。程よく感じられるキャロットの風味、ゴロゴロ入ったクルミの食感。これらが上のクリーム部分と合わさり、クセになる味でした。

濃厚なので2~3切れカットしていただいてもいいですね。知ってしまった以上、定期的に食べたくなるヤツだと思うので、しばらくしたら横浜高島屋の売り場に行ってみようと思います。

まとめ

ブラフベーカリー日本大通り店

以上、ブラフベーカリー日本大通り店の紹介でした。

こちらはイートインスペースがないテイクアウト専門のベーカリーです。もし、ピクニックランチするなら象の鼻パークが一番近いかと思います。

基本情報

  • 名称:ブラフベーカリー日本大通り店
  • 住所:神奈川県横浜市中区本町1-5 西田ビル1F
  • URL:http://www.bluffbakery.com/

Writing by: