1. TOP
  2. コラム
  3. 現在のページ

横浜みなとみらい「LGグローバルR&Dセンター」の建設状況!2021年11月竣工予定

|
, ,
LGグローバルR&Dセンター

みなとみらい21中央地区55-1街区にLGホールディングス・ジャパンが建設しているビル「(仮称)LG Global R&D Center」の建設状況をお伝えします。2021年11月竣工予定。資生堂グローバルイノベーションセンター「エスパーク」の隣に立地します。

スポンサーリンク

「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」とは

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

LGというと韓国の大手電機メーカーですね。「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」は、LGグループの日本における研究開発拠点と位置づけられるそうです。

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

規模は地上16階、地下2階です。1~2階は「にぎわい施設」、3~9階は「研究所」、10~15階は賃貸オフィスとなるようです。

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

2019年6月に着工、2021年11月30日竣工予定です。

「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」建設状況

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

LG工事現場はこまめに撮影していなかったのですが、通りすがりでチェックしていた感覚では、2019年は柵だけで工事が進んでおらず、2020年になってゴゴゴの勢いで建設が進んだように感じます。

2020年11月、すずかげ通りを挟んだ向かい側にあるホテル「横浜東急REIホテル」に宿泊したとき、フロントのある9階の窓からLGの工事現場が真正面でした。大林組のタワークレーンが見えて、目線の少し下くらいの高さまで建築が進んでいるようでした。

2021年1月15日の状況

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

資生堂グローバルイノベーションセンター「エスパーク」の並びにある「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」。ビルが高くなっています。

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

こちらが側面側になるかと思いますが、「横浜東急REIホテル」が入る「KTビル」前から見たところ。ホテルフロントから見える風景も私が宿泊したときとは違うものになっているでしょう。

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

ソニーが入居する「横浜グランゲート」から撮影してみました。

タワークレーンが見えるのが建設中の「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」、右隣が資生堂グローバルイノベーションセンター「エスパーク」となります。両ビル高さが同じくらいに見えます。エスパークは16階建て、LGも16階建ての予定なので、高さ的にはこの辺でとまるのかな?

すずかげ通りを挟んだ左隣のL字に見える建物が、横浜東急REIホテルとコーエーテクモゲームス本社がある複合ビル「KTビル」となります。

2021年4月26日の状況

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

外壁部分の工事が一番上の方まで進みました。窓ガラスも入っています。

2つ奥のビル「京急本社ビル(2019年9月2日竣工)」と外壁の縦ストライプ感が少し似ているような印象。

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

裏側からみたところ。手前にある建物は、横浜歯科医療専門学校などが入る「みなとみらい学園ビル」です。

2021年6月1日の状況

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

再びソニーが入居する「横浜グランゲート」から撮影してみました。

前回予想に反し、右隣の資生堂グローバルイノベーションセンター「エスパーク」より背が高くなりました。ビルの角部分に「LG」のロゴが付きましたので、高さ的にはこれで完成と思います。

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

左から「(仮)LGグローバルR&Dセンター」、資生堂「エスパーク」、「京急本社ビル」。

建物が建つみなとみらい大通りを歩いていたときは「京急本社ビル」と印象が似ているように感じましたが、少し離れるとまた違ったように見えます。

ちなみに手前でクレーンが集っている敷地は「(仮称)MM53街区プロジェクト」。2021年4月に工事着工しています。

(仮称)LGグローバルR&Dセンター

残るは低層階。

スポンサーリンク

基本情報

Writing by: