1. TOP
  2. スポット
  3. 現在のページ

横浜 資生堂研究所「エスパーク」に行ってきた!無料のミュージアムが楽しい

更新日: 2019年06月30日 ,
資生堂エスパーク

資生堂の新研究開発拠点として横浜みなとみらいに誕生した資生堂グローバルイノベーションセンター「S/PARK エスパーク」。2019年4月13日にオープンしたコミュニケーションエリア(ミュージアムやカフェなど)を見学してきたので施設の紹介をします。

スポンサーリンク

資生堂グローバルイノベーションセンター(GIC)

資生堂研究所「エスパーク」

資生堂は、新研究開発拠点「資生堂グローバルイノベーションセンター(以下GIC・呼称「S/PARK エスパーク」)」を横浜みなとみらい21地区で4月から本格稼働。

資生堂研究所「エスパーク」

都市型オープンラボとしてお客さまと研究員の交流やお取引先さまや国内外の外部研究機関とのコラボレーションを行い、新オフィス設計や優れた研究設備で柔軟で多様な働き方を生み、研究員の自由で新しい発想を促します。

S/PARK(エスパーク)について

基本的にオフィス施設ですが、コミュニケーションエリア(1階と2階)については一般開放されており、入場自由・見学無料です。

コミュニケーションエリアは、「美のひらめきと出会う場所」をコンセプトとした様々なコンテンツを提供する、お客さまと研究員が交流する場となっています。

S/PARK(エスパーク)外観

資生堂研究所「エスパーク」

正面の入口

資生堂研究所「エスパーク」

京急ビル側の入口

資生堂研究所「エスパーク」

カフェにはテラス席が

S/PARK(エスパーク)中の様子

16Kディスプレイ

資生堂研究所「エスパーク」

エスパーク1階には、壁一面に展開するディスプレイと2階へとつながる印象的な中央階段が。

ディスプレイは随時色々な風景を映し出します。座ってただ映像を眺めているだけでもリフレッシュできそう。

資生堂研究所「エスパーク」

設置されているのは、ソニーが独自開発した16Kディスプレイ。極めて微細なLED技術を用い高い画質と没入感のある映像表現を実現する、世界最大(2019年4月時点)の「Crystal LEDディスプレイシステム」ということです。

レセプション

資生堂研究所「エスパーク」

総合案内があります。

立ち寄り必須ではありませんが、案内等が受けられます。

資生堂研究所「エスパーク」

フロアガイド等が置いてあるので、気になる方は立ち寄ってみるとよいでしょう。

体験コーナー(BEYOND TIME)

資生堂研究所「エスパーク」

二人で顔立ちの変化が体験できるデジタルタイムマシーンです。モニターに映る親子の年齢が逆転したり、夫婦で年齢を重ねてみたり、リアルタイムで顔立ちのエイジングシミュレーションができます。

資生堂研究所「エスパーク」

体験する場合は受付シートに名前を書いて予約します。

将来の自分の人相って見たいような見たくないような。私はビビってしまいましたが(笑)人気のようで予約は埋まっていました。

1F【S/PARK Cafe】

資生堂研究所「エスパーク」

資生堂パーラーが運営する、毎日の気分や体調に合わせて、自由に食事を楽しめるカフェです。メニューは、“野菜中心の”という意味の“ベジセントリック”をコンセプトに、バランスの良い食事が提供されます。

資生堂研究所「エスパーク」

写真はランチメニューの一例

セルフサービスのお店なので気軽に利用することができます。

資生堂研究所「エスパーク」

営業時間は、平日9:00-21:00(L.O.20:30)、土曜・祝日9:00-18:00(L.O.17:30)。

※時間帯によって異なるメニューが展開されます。

関連記事

横浜 資生堂「エスパークカフェ」でヘルシーランチ!メニューを紹介

1F【Beauty Bar】

資生堂研究所「エスパーク」

研究員と美容部員が肌解析することで、1人1人の肌や好みに合わせた「マイコスメ(化粧水と乳液)」をつくることができるスキンケアサービスです(予約が必要)。特別なトレーニングを受けたスタッフがビューティーバーラボにて製造します。

その他に、ずらりと並ぶ資生堂のコスメ商品を思う存分試すことができます。ショップではないため、積極的に接客されることがないので気が楽かも。

資生堂研究所「エスパーク」

営業時間は、平日10:00-18:00(土曜・祝日は定休日)となります。

2F【S/PARK Museum】

資生堂研究所「エスパーク」

資生堂の100年を超える研究の歴史をベースにしたビューティーやイノベーションにまつわるユニークな展示を行う体験型ミュージアムです。

資生堂研究所「エスパーク」

「SCIENCE & ART」「LIFE OF BEAUTY」「BEAUTY INNOVATION」「FUTURE」の4つのゾーンで構成されています。

資生堂研究所「エスパーク」

体験コーナーは科学館のように子供も楽しめるものから、大人女子(男性も)向けの顔分析まで様々ありました。資生堂のコスメに対するこだわりについても学習することができます。歴代の有名商品を見て懐かしんだりも。

資生堂研究所「エスパーク」

オリジナルグッズも販売されているので、お土産品を購入することもできます。

資生堂研究所「エスパーク」

2階(ミュージアム近く)にはロッカーがあるので、身軽な状態で館内の見学ができます。

1F【S/PARK Studio】

資生堂研究所「エスパーク」

資生堂ランニングクラブのノウハウが生かされたランニングやウォーキングのプログラムや、GIC独自のメソッドに基づいた美しくなるためのプログラムなどが行われる室内スタジオと、アクティブな毎日の拠点としてご利用いただけるランステーションを擁したスタジオです。

また、資生堂ブランドのアメニティを各種取り揃えたパウダールームが備えられています。

スポンサーリンク

最後に

資生堂研究所「エスパーク」

男子トイレのピクトグラム

個人的に「資生堂=意識高い」みたいなイメージがありまして。。。敷居が高い場所だったらどうしましょうと思い、念のため小綺麗な格好で入場いたしました。

実際に見学してみるとスタッフが干渉してくることもなく自由な雰囲気で、休憩がてらふらっと立ち寄っても大丈夫なところでした。また、資生堂商品としては「TSUBAKI」「ANESSA」くらいしか使用していない私でも、興味深く見学することができました。

館内のピクトグラムはさすがのオシャレなのですが、少しわかりにくいような。ワタクシ女性の身でありながら、あわや男子トイレに入場するところだったようで、見かねたスタッフの方に助けていただきました(笑)

基本情報

訪問:2019/04

Writing by: