1. TOP
  2. ホテル
  3. 現在のページ

【オーシャンテラス】横浜 インターコンチネンタル ホテルブッフェ体験!豪華ディナーに舌鼓

|
,
オーシャンテラス インターコンチ横浜

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルに宿泊したとき、レストラン割引券をもらったので「オーシャンテラス」のディナーブッフェを体験してみました。海を眺めながら約50種類の豪華料理を堪能したので、各メニューや楽しみ方のコツを紹介します。

スポンサーリンク

オーシャンテラスでホテルブッフェ

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

オーシャンテラスはヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの1階にあるブッフェダイニングです。朝食・ランチ・ディナーの時間帯でブッフェが楽しめるレストランになります。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

訪問したのは金曜日のディナータイムだったので、「金曜日・土曜日・日曜日・祝日及び祝前日」の看板がでています。料金としては、大人は税込み6,500円。120分の時間制限もあります。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

ちなみに「月曜日~木曜日」の看板も確認しましたが、ディナータイムの料金は同じです。

訪問した時は、営業時間だけ「月曜日~木曜日」が17時開始20時ラストオーダー(閉店21時)、「金曜日・土曜日・日曜日・祝日及び祝前日」が17時開始21時ラストオーダー(閉店22時)と違っていました。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

今回は大人2名で参加します。定価ですと6,500円×2名で13,000円とゴージャスなお値段となりますが、今回は「ようこそ!YOKOHAMA」宿泊プランについてきた5,000円分の優待割引券を利用します。

オーシャンテラスの店内

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

海に面してガラス張りになった開放感のある店内です。店内は広くて、ソーシャルディスタンスを確保した状態で198席あるそうです。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

割と早い時間に訪問したものの、席は窓側から離れた席に案内されました。この日は予約が多かったみたいなので、予約されていた方たちが順次窓側に案内されているようでした。

私たちは飛び込みで訪問しているので文句は言えないかな。遠目に海の夜景が見えますし、ブッフェコーナーからは近いので良しとしました。

窓際席など希望がある場合は事前に予約して訪問することをおすすめします。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

座席のスペースとブッフェスペースの間にドリンクのカウンターがあります。ここでドリンクが作られ、サーブするスタッフが席まで運んでくるという感じです。

ドリンクは基本有料で、「コーヒー・紅茶」が無料と案内されました。

そう言われると、食後に飲むようなホットドリンクをイメージしがちですが、よくよく確認すると「アイスコーヒー・アイスティー」も無料です。食事中にスタッフにオーダーすればOK。

これに気がついていないお客さんもいるのか、お水だけでお食事を進めていらっしゃる方も多く見受けられ、もったいないような感じがしました。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

ブッフェのコーナーです。入口の受付付近からは豪華スイーツが見えているので、初っ端から食後のお楽しみに気をとられ、気持ちがはやります。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

ブッフェコーナーの奥側は、4人のシェフがそれぞれの料理を提供してくれるシェフコーナーがメインです。ホテルブッフェを感じられるサービスです。

スポンサーリンク

オーシャンテラスのディナーブッフェ詳細

オーシャンテラスのディナーブッフェの料理は約50種類あり、まぐろ・えび・かにフェアが開催中でした。全部を胃袋に納めることは叶いませんでしたので、せめてカメラにだけは全部納めたいと思い撮影しました。

以下ブッフェ料理を画像中心にお届けします。なお、コーナー分けは私のオリジナル。料理名はわかる範囲内での紹介となります。

サラダバー・フルーツコーナー

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

ホテル特製カレー・ハヤシライス

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

ホテル特製カレーとハヤシライスの釜、白米の炊飯器があります。カレーがあるだけでもテンションが上がりますが、そのうえハヤシライスもあるなんて困る(歓喜)。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

本日のスープの隣に、「めばち鮪釜の塩麹焼」。すっごい食べてみたかったのですが、とても大きくお腹が膨れてしまいそうなので、泣く泣く断念。

温かい料理コーナー

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

「ホンビノス貝のグラタン 蟹とマッシュルームのサバイヨン」。サバイヨンとはイタリア起源の卵黄を使用して作るムース状のクリームだそうです。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

「パエリア」

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

「海老とブロッコリーふわとろ卵のチリソース」

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

「鮮魚のソテーずわい蟹とトロ湯葉のソース」

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

「牛肉の赤ワイン煮込み野菜のピュレ添え」

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

シェフのおすすめコーナー

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

厳選国産牛のローストビーフをシェフが切り分け。好みのソースと調味料をトッピングしていただきます。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

シェフが天ぷらを揚げています。カレー塩、抹茶塩、ゆず塩をトッピングしていただきます。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

「めばち鮪のほほ肉の鉄板焼き横浜醤油の香味だれ丼」。注文するとシェフが作ってくれます。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

握りずしコーナーがあります。好きなネタを指定するとその場で握ってもらえます(一度に3個まで)。

オードブルコーナー

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

ビュッフェスペースの中央にオードブルのコーナーがあります。右下は「びんちょう鮪のカルパッチョ トリュフ風味 コラトゥーラドレッシング」。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

スモークサーモンと24ヵ月熟成プロシュート。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

器に盛られたお上品なオードブルが4種類ありました。

ベーカリー・スイーツ

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

チーズが4種類。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

そしてベーカリー4種類、スノーボール、マカロン、ジンジャーケーキ。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

抹茶パンナコッタにチョコパフェ。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

ゴージャスなケーキが4種類あります。

ケーキがホールで丸ごと置かれているとテンションが上がります。美しく取り分けようとすると苦労したりするのですが、見た目効果がすごいです。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

カップに入ったゼリーが2種類。

それと、スイーツコーナーにもシェフに作ってもらうものが3種類ありました。ゆずシャーベットとクレミアソフトクリーム。

それと「パヴァロヴァ」というニュージーランドやオーストラリアの伝統スイーツ。サクサク焼メレンゲ&生クリーム&フルーツを混ぜていただくものらしいです。気になる。

実食

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

色とりどりの豪華料理の中から、絶対に食べたいものを中心にチョイス。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

素材が上等なのか、適当に盛りつけても美しくまとまっているような気がします。味はどれも美味しいです。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

胃袋に余裕は無いけど、カレーもハヤシライスも食べたかったことから苦肉の相盛り(端が決壊ぎみ)。私「カレーは飲み物」に賛同しているので、スープ感覚でルーのみ食べるという方法もあったかと思いますが、味付けが濃い系なのでご飯はあった方が良かったです。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

ローストビーフはお代わりしてしまいました。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

天ぷらに抹茶塩をかけたもの。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

作ってもらった「めばち鮪のほほ肉の鉄板焼き横浜醤油の香味だれ丼」です。

パッと見お肉です。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

お寿司も握ってもらいました。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

こちらはマグロ3貫。マグロだけ引換券がついていて1人1回だけの注文でした。できたら、もう一皿食べたかった。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

食事だけでお腹はいっぱいですが、デザートは別腹なので食べずにはいられない。一応、重そうなスポンジケーキは避けて、口どけの良さそうなものを中心にセレクトしました。どれも甘さがはっきりしていると感じました。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

クレミアソフトクリームです。もらった時はキレイだったのですが、お化粧しようとしたら崩れました。でも美味しかったです。

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

シェフのおすすめスイーツ「パヴァロヴァ」も気になりましたが、さすがに満腹で注文には至らず、私の中で謎のままとなりました。

まとめ

「オーシャンテラス」インターコンチネンタル横浜

以上、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル「オーシャンテラス」のディナービュッフェでした。

会場内の雰囲気は素敵。ホテル名に恥じない豪勢な料理を楽しむことができ満足です。味の傾向としては全体にハッキリしているように感じましたので、若い方にも好まれるレストランだと思います。

ところで、横浜みなとみらいの極上ホテルブッフェ3選と言えば、横浜インターコンチ「オーシャンテラス」、横浜ベイホテル東急「カフェトスカ」、横浜ロイヤルパークホテル「シリウス」。TV「出没!アド街ック天国」で「ハマの三銃士」として紹介されたこともあります。

以前朝食で「カフェトスカ」、今回ディナーで「オーシャンテラス」を体験してみましたが、ゆくゆくはハマの三銃士を全制覇するのが私の夢であります。

関連記事 宿泊の体験記はこちら

基本情報

  • 名称:オーシャンテラス(ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)
  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい 1-1-1
  • URL:https://www.interconti.co.jp/yokohama/

2020年11月「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」宿泊記

Writing by: