1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

リオグランデグリルがシァル横浜にも!ハマチカでシュラスコプレートをテイクアウト

投稿日: 2020年07月04日 , ,
シュラスコプレート

横浜ベイクウォーター内に店舗をかまえるシュラスコ専門店「リオグランデグリル」が、新しくできた「シァル横浜」のフードホール「ハマチカ」に入店しています。レストランの味が気軽に味わえるようになったので、早速シュラスコプレートをテイクアウトしてみました。

スポンサーリンク

リオグランデグリルとは

横浜ベイクウォーター

リオグランデグリル(RIO GRANDE GRILL)は六本木、横浜、恵比寿、舞浜に展開しているブラジリアンバーベキュー(シュラスコ)専門店です。

横浜店は「横浜ベイクウォーター」に店舗があり、ディナータイムにはサンバーショー開催もある豪華な雰囲気のレストランです(サンバショーは曜日限定、現在休止中)。

リオグランデグリル シァル横浜店

フードホールハマチカ

そんな「リオグランデグリル」初、セルフスタイル業態の店舗が、シァル横浜地下3階のフードホール「ハマチカ」にオープンしています。

ハマチカ内、リオグランデグリルはフロアの一番奥側に店舗があります。

関連記事

シァル横浜「ハマチカ」飲食店まとめ!大人なバル&キッチンが集うフードホールでした

リオグランデグリル シァル横浜店

リオグランデグリル店舗前にて、メニューはどこだろう?

リオグランデグリル シァル横浜店

すると、「3種のシュラスコプレート(1,290円+税)」のサンプルが目に入ります。3種類のBBQを選べるこちらのメニューがイチオシのようです。

サンプルは2個並んでいるのですが、両方同じメニューで、チョイスしているBBQの種類が違ったバージョンでした。

リオグランデグリル シァル横浜店

メニュー表はレジにあり、ラインナップはシュラスコプレートだけでした(セットドリンクもあり)。

プレートの種類はチキン、シュリンプ、ソーセージ、スペアリブ、ビーフのシュラスコプレートがあり、それぞれ1ピースか2ピースにするかで値段が異なっています。

3種のシュラスコプレートをチョイスした場合は、お会計のときに3種類選びます。今回は、チキン、スペアリブ、ビーフにしてみました。

また、テイクアウトにしてみたのですが、ビニール代は3円とのことでした。

リオグランデグリル シァル横浜店

お会計が終わったら、店員がプレート(または持ち帰り容器)に盛りつけてくれるので、対面でサイドメニューを選んでいきます。

冷菜は、グリーンサラダがデフォルトで付いており、さらに、3種類(訪問時は、マカロニサラダ、ケール、キャロットラぺでした)の中から2種選びます。

リオグランデグリル シァル横浜店

お肉用?のソース2種類とポンデケージョはデフォルトで付いてきます。

さらに、温野菜として2種類(訪問時は、フェイジョアーダなるもの or グリル野菜)から1つ選び完成です。

スポンサーリンク

3種のシュラスコプレート食べてみた

リオグランデグリル シァル横浜店

家で開けて見たところ、とても美味しそうに仕上がっています。

冷野菜は冒険でケールにしてみたのですが、中華料理の空心菜の炒めのようなガーリックな味付けで美味しかったです。キャロットラぺにはオレンジが入っており、甘すぎずサッパリ味。

温野菜はズッキーニということで、こちらも冒険気分ですが、洋風のナスのような感じで風味がよく、肉料理とマッチしているように思いました。

ビーフ、チキン、スペアリブのお肉は柔らかくて食べやすく、さすがシュラスコの専門店だなと感じました。2種あるソースにつけると変化が楽しめますが、そのままでもいけます。

ポンデケージョだけあんまり好きな味ではありませんでしたが、お肉の下にはご飯が敷いてあるのでお弁当としてのボリューム感もばっちりで、全体的に楽しくいただきました。

基本情報

Writing by: