1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

横浜みなとみらいで「第10回沖縄チャンプルーカーニバル」開催!海上アトラクションや沖縄物産展

ドラゴンボート

FMヨコハマは、横浜のみなとみらい地区で「第10回沖縄チャンプルーカーニバル ~沖縄復帰50周年記念~」を、2022年5月21日(土)・22日(日)の2日間の日程で開催。イベントは今年で10回目を迎え、2022年は沖縄復帰50周年を記念して開催されます。  

スポンサーリンク

「沖縄チャンプルーカーニバル」について

イベント会場では、FMヨコハマ(ラジオ)の公開生放送や沖縄出身アーティストのライブをはじめ、沖縄物産展やハーリー舟を招いた会場アトラクションも開催されます。聴いて、食べて、沖縄を感じることができます。

みなとみらい東急スクエアのフードコート

ハーリー船(サバニ)

5月21日(土)は、沖縄と横浜の海の文化交流として、横浜・沖縄フレンドリーシップイベント「沖縄ハーリー 対 横濱ドラゴンボート」を日本丸メモリアルパーク内水域で実施。

ハーリーは毎年旧暦5月4日に沖縄県各地の漁港で行われる競漕とその祭り。「ハーリー船」は沖縄の漁師たちにとっては聖なるアイテムで県外に持ち出すことはありませんが、今回は沖縄県金武町の漁業協同組合の協力により、2艇が横浜にやってきます。

対するのは、毎年、横浜山下公園でレースを展開している「ドラゴンボート」。競技も舟のサイズも違う、両者が両地の文化を背負って相まみえる前代未聞のアトラクションとなります。

イベントの模様は、FMヨコハマの番組「God Bless Saturday」の公開生放送内で実況。鶴見出身のアントニオ猪木さんが番組に応援出演。会場の特設ビジョンとラジオを通じて、異種格闘技戦のパイオニアとしてエールを送ります。

クイーンズスクエア横浜では、沖縄ミュージシャンのライブやトークショーを実施。

みなとみらい東急スクエアのフードコート

物産展では沖縄の特産品や土産物を販売し、うるま市から5事業者が来場。沖縄飲食のキッチンカーも出店し、うるま名物のタコ焼き「イイダコ焼き」や、ブランド卵「くがにたまご」、FMヨコハマ泡盛タイムカプセルとコラボした神村酒造「暖流」などを販売を予定。線の試奏販売や紅型体験など、参加型のアトラクションも多彩に用意します。

また沖縄県から沖縄県物産PRブース「どんどん、どきどき。沖縄」が出展。鶴見区からは「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクトも同時に出展します。

みなとみらい東急スクエアのフードコート

5月21日(土)は、鶴見区とみなとみらいをごみ拾いで結ぶ「どんどんごみ拾い」も開催します。

イベント概要

■名称:
FMヨコハマ主催 住宅情報館 presents
第10回沖縄チャンプルーカーニバル~沖縄復帰50周年記念~

■開催日時:
2022年5月21日(土)~22日(日)11:00~19:00

<沖縄ハーリー 対 横濱ドラゴンボート>
2022年5月21日(土)13:00~16:00
日本丸メモリアルパーク内水域

■開催場所:
クイーンズスクエア横浜クイーンズサークル(屋内 第1会場)
クイーンズパーク(屋外 第2会場)
日本丸メモリアルパーク(第3会場 ※21日のみ)

■出演ゲスト:
Akiko Togo/朝崎郁恵/石垣優/伊波大志/川田広樹(ガレッジセール)/ジュス/トレモノ/永山尚太/平川美香/平安隆/横濱シスターズ/世持桜/リスペクトレコード 高橋研一

■URL:
https://www.fmyokohama.co.jp/pc/topics/8781

<FMヨコハマ どんどんごみ拾い>
■日程:
2022年5月21日(土)
10:00~16:00の間で自由な時間で参加OK(参加無料)

■開催場所:
JR鶴見駅東口広場周辺、みなとみらい地区、日本丸メモリアルパーク周辺
【みなとみらい会場】
拠点:日本丸メモリアルパーク
クリーンアップエリア:みなとみらい地区
【鶴見会場】
拠点:横浜信用金庫鶴見駅東口支店先
クリーンアップ場所:JR・京急鶴見駅周辺

※当日は受付後、参加者にクリーンアップ内容を説明後、以下のクリーンアップキットをお一人につき 1セット配布予定。

■URL:
https://kanagawa-mamorou.uminohi.jp/archives/20220521_cleanup/

Writing by: