1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

ガーデンネックレス横浜2022 ガーデンベアのスタンプラリーコンプした!フォトスポットと景品紹介

ガーデンネックレス横浜2022

開催中の花と緑のイベント「ガーデンネックレス横浜」。2022年3月26日からフォトスポットを巡る「ガーデンベア デジタルスタンプラリー」が始まったので早速参加。コンプリート&各種景品をゲットしてきました。ガーデンベア満載のフォトスポット紹介します。

スポンサーリンク

ガーデンベア デジタルスタンプラリー2022

ガーデンベアのフォトスポット

ガーデンベアデジタルスタンプラリーは、ガーデンネックレス横浜2022のみなとエリア会場となっているフォトスポットをめぐり、指定チェックポイントで「ガーデンベア」を集めるイベントです(開催期間は2022年3⽉26⽇~6月12日)。

デジタルスタンプラリーは2021年から開催されていますが、今年はLINEアカウントを利用する仕様になっています。

関連記事 2021年の様子

現地チェックポイントで開始することも可能ですが、公式サイトまたはイベント会場で配布されている公式ブック記載のQRコードからエントリーしておくとスムーズです。

ガーデンベアフォトスポット巡り

スタンプラリーのチェックポイントが設置されているガーデンベアフォトスポットは「みなとエリア」に8か所あります。

その他、チェックポイントでないフォトスポットも存在しますが、今回は省略しています。また、花の散策を楽しみつつ1日で巡るのは難しいと判断し、2日に分けて巡ってみました。

横浜イングリッシューガーデン

初日。

ガーデンベアのフォトスポット

横浜イングリッシューガーデンの入口と向かい合うような形で設置されていました。

横浜市役所

ガーデンベアのフォトスポット

去年と同じガーデンベアちゃん。私と同時に来ていた方、QRコードの読み込みが遅いためにどちらもチェックインができず、交互にスマホをかざしたりして一時コント状態に。

横浜公園

ガーデンベアのフォトスポット

去年にはなかったスポット。ガーデンベアに誘われ、桜の時期の横浜公園の様子を知ることができました。

グランモール公園

ここから2日目。

ガーデンベアのフォトスポット

みなとみらい東急スクエアとランドマークプラザの間にある広場にあります。初見のガーデンメアでオブジェがリニューアルしているように思います。

象の鼻パーク

ガーデンベアのフォトスポット

去年と同じ可愛いオブジェ。横浜赤レンガ倉庫が背景にくるものいいです。

大さん橋 国際客船ターミナル

ガーデンベアのフォトスポット

両手を上げたガーデンベアですが、逆光に置かれて…。

山下公園

ガーデンベアのフォトスポット

「GardenNeklace」と「YOKOHAMA」の2つに分かれた新バージョンでした。チェックポイントは「GardenNeklace」の島にあります。引きの構図で撮影すると両方同時に撮影できます。

港の見える丘公園

ガーデンベアのフォトスポット

展望台のところに常設されているお馴染みのガーデンベア。

以上、私が巡った順番で紹介してみました。

スポンサーリンク

山下公園のレストハウスで景品交換

ガーデンベアのフォトスポット

8か所のガーデンベアをコンプリートできたので、山下公園内レストハウスにオープンしているインフォメーションセンターへ。

ガーデンベアのフォトスポット

ガーデンベアのフォトスポット

アーティストさんの展示も見られる館内でした。

ガーデンベアのフォトスポット

景品はこんな感じです。上3つが「ガーデンベアグッズセット」。写真に写っていませんが「花や野菜の種」1つももらえます。下は「キタムラエコバック」OR「ガーデンベアレジャーシート」の抽選券でエコバッグが当りました。

ガーデンベアのフォトスポット

キタムラエコバックはファスナー付き、裏側にKのロゴが入っており、しっかりしたものでした。豪華で素敵な景品だと思います。

ガーデンベアのフォトスポット

あとはプレゼントの1つで商品購入が10%オフになる割引券があったので、「ミルクハーバー」を購入してみました。こちらとても美味しかったです。

感想

ガーデンベアのフォトスポット

今年のLINE連携のアプリは都度ログインが必要だったりと、手間がかかることが難儀でした。特にチェックポイントの読み込みが不安定なのは是非改善して欲しいところ。

とはいえ、各所のガーデンベアに癒され、各スポット花を鑑賞をできたことは楽しかったです。今年もガーデンネックレス横浜の季節きたことを満喫できました。すごく歩いた!

関連記事

Writing by: