1. TOP
  2. スポット
  3. 現在のページ

横浜みなとみらいのロープウェイ「ヨコハマエアキャビン」搭乗記!ちょい揺れ空中散歩

ヨコハマエアキャビン

2021年4月22日、横浜みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」がオープン。桜木町駅と運河パーク駅の駅舎の様子や混雑状況、料金、営業時間、眺望、お土産情報など実際に乗ってみて気づいたことをお伝えします。

スポンサーリンク

ロープウェイ桜木町駅舎の様子

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」は桜木町駅前と運河パークを結ぶ、日本初の常設都市型ロープウェイです。

午前中に開催のオープニングセレモニー直後は混雑しそうだなと思い、オープン当日の夕方に桜木町駅舎を訪問してみました。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

オープンの張り紙。小市民ながら工事の様子をウォッチャーしてたので少々感慨深いかも。

関連記事

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

訪問時、桜木町駅舎の入口にあるエレベーターは下り専用になっていたので脇の階段から2階へ。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

また、ヨコハマエアキャビン10分待ちと看板がでていました。このくらいなら全然余裕と思ったのですが、実際には乗るまでに30分かかっています。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

列に並びながらチケット売り場に進む一行。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

2階にチケット売り場、すぐ横に出発口があります。行列になっているので、チケットを購入したらその足で出発口をくぐるという流れでした。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

桜木町の駅舎は2階建てですが、1階はエレベーターと階段だけなので、実質ワンフロアな構成。トイレはありますが休憩スペースがなくて、特にくつろぐような雰囲気ではなかったです。

ロープウェイの利用チケット料金

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

料金はおとな片道1,000円 往復1,800円 、こども片道500円 往復900円。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

ロープウェイの設置・運営は、大観覧車「コスモクロック21」の運営会社である泉陽興業株式会社が行っていることから、ロープウェイと観覧車のセット券も販売されていました。

セット券はおとな片道1,500円 往復2,300円、こども片道1,200円 往復1,500円。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

往復券利用の際の注意事項です。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

リーフレットと乗車券です。

営業時間

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

通常の営業時間は10:00~22:00ですが、2021年4月23日から当面の間は10:00~20:00となるそうです。

ヨコハマエアキャビンに搭乗!

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

出発口をくぐった後も、待機時間があります。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

いよいよそのとき。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

立派なゴンドラ(キャビンというべき?)と御対面。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

最大8人乗りのゴンドラではありますが、ゴンドラ1基に対して1グループ乗車なので、他人様と相席にはなりません。この点重要ですよね。

オープン数日前に流れていたTVニュースで横浜のロープウェイが取り上げられていて、そこでもゴンドラ1基に対して1グループ乗車と報道はされていました。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

動き出すと、最初の方は多少の揺れがあり大いにビビりましたが、段々と景色に魅了されていきました。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

前方、ゴンドラの奥側は視界良好。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

足元も視界良好。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

ドア側は貼っているものなどの関係で景色があまり見えませんでした。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

壮大なバックミュージックとともにみなとみらいの景色やすれ違うゴンドラの存在を感じる空中のひと時。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

途中まで緩やかな上りで、最後は下るようなイメージ。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

そして最後に揺れを感じてビビりました。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

時間を確認すると約5分間の空中遊泳。楽しかったです。

スポンサーリンク

ロープウェイ運河パーク駅舎の様子

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

運河パーク駅の2階は横浜ワールドポーターズとデッキで連結しています。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

2階に出発口があり、

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

チケット売り場は1階にあります。夜は逆転するかもわかりませんが、日中は運河パーク駅から乗った方が混雑しないような気がします。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

桜木町駅と比較すると、運河パーク駅のほうがゆったりとした造りになっており、休憩スペースも設けられています。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

運河パーク駅の外観。

YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)

夕方とはいえまだ日が落ちていないので見えづらいのですが、ゴンドラの一部分が光るようになっていて、1基ごとに違う色で発光しています。夜間は駅舎内部もライトアップの演出が行われるようなので、夜の時間帯に行くのもきっと素敵だと思います。

YOKOHAMA AIR CABIN × ありあけ

横濱菓子 ありあけ

CIAL桜木町の「横濱菓子 ありあけ」で「YOKOHAMA AIR CABIN × ありあけ」コラボ菓子を発見。

横濱菓子 ありあけ

ヨコハマエアキャビンどら焼き(3個入り)600円。箱をキャビンに見立てているようです。

横濱菓子 ありあけ

ありあけのお菓子だから美味しいはずと思って購入してみました。どら焼きにYOKOHAMA AIR CABIN のロゴが入っています。

まとめ

以上、ロープウェイ「ヨコハマエアキャビン」に乗ってみたでした。

乗ってみての感想は、やはり交通手段ではなくアトラクション。待ち時間を含めたら汽車道歩くより時間かかりましたもの。けど、乗ってみる楽しさは確実にあったので一度体験してみる価値はあると思います。

また、横浜ランドマークタワーのように日中の風景と夜景、二つの風景を楽しめる施設です。機会があったら夜の空中散歩してみようと思います。

基本情報

Writing by: