1. TOP
  2. コラム
  3. 現在のページ

横浜市庁舎跡地(関内)が星野リゾートやDeNA施設に!横浜市現市庁舎街区等活用事業

|
,
横浜市旧市庁舎跡地

横浜・関内にある横浜市庁舎の跡地(2020年5月に新庁舎へ移転済)に、企業コンソーシアム「KANNAI 8(カンナイエイト)」が手掛ける超高層複合ビルが誕生します。完成予定の2025年まで、テナントや開業日情報、工事現場の状況を随時更新してお届けします。

スポンサーリンク

横浜市現市庁舎街区等活用事業とは

まず、「横浜市現市庁舎街区等活用事業」という名称は計画段階で付けられたものです。横浜市役所は北仲通地区の新市庁舎に移転済みなので、現状に即していえば関内の計画地は旧市庁舎となります。

さて、上のイメージ図はJR関内駅側からの視点です。

解体されるのは市庁舎の市会棟で、そこに高さ160m、地上30階の「タワー棟」が新築されます。タワー前には駅前広場も確保されます。横浜スタジアム側の「行政棟」は保存活用され、星野リゾートが運営するレガシーホテルなどになります。

事業コンセプトは「MINATO-MACHI LIVE(ライブ)」 。次代の横浜を支える感動が沸き上がり、スタジアムとともにみなぎるエネルギーと溢れる賑わいを生み出す「源泉」を創造することを目指します。

行政棟(既存棟)の見どころ

行政棟を保存活用した、星野リゾートによるレガシーホテル(3~8階)が横浜探訪の拠点に位置づけられます。開業半年以上前からホテルスタッフが地域に住み、ガイドブックに載っていないローカルな場所に宿泊者を案内する「地域探訪ツアー」を実施予定。

また、行政棟のみなと大通り側には2階建ての商業施設「みなとテラス」が増築されます。有隣堂が運営する、アート・音楽活動の場を備えた書店が入り、「横浜の発展史」を伝承する文化交流拠点となります。

タワー棟(新築棟)の見どころ

タワー棟の1~3階には、株式会社DeNAが運営する国内最大ビジョンを有するライブビューイングアリーナが新設されます。

横浜スタジアムでのイベントが無い日も多様なエンターテインメントを配信。入口を開放すれば屋外の駅前広場との一体利用ができるような設備となります。

4~5階には、株式会社DeNAが運営するエデュテインメント施設が作られます。VRなどのテクノロジーで楽しみながら学べるスポーツ体験になります。

また、 既存のくすのき広場を継承した「くすのきモール」も設置。大通り公園ともつながる回遊動線となります。

将来的には、隣接地に地上31階の高層ビルが建設予定(関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業)。「くすのきモール」と接続される見通しで、2029年度の竣工を目指しています。

横浜市現市庁舎街区等活用事業のフロア構成

◆タワー棟(新築棟)

  • 15~30階:オフィス
  • 11~14階:大学
  • 10階:オフィスロビー等
  • 6~7階:ウェルネスセンター
  • 4~5階:エデュテインメント施設
  • 1~3階:ライブビューイングアリーナ・新産業創造拠点・商業施設

◆行政棟(既存棟)

  • 3~8階:ホテル
  • 1~2階:商業施設(みなとテラス)

スポンサーリンク

横浜市現市庁舎街区等活用事業の概要

横浜市現市庁舎街区等活用事業の概要は以下の通り。

名称横浜市現市庁舎街区等活用事業
建築規模地上30階、地下1階、高さ160.7m
施設内容オフィス、大学、ウェルネスセンター、エデュテインメント施設、
ライブビューイングアリーナ、新産業創造拠点、商業施設、ホテル
建築主 企業コンソーシアム「KANNAI8」
着工2021年1月
竣工2025年

※「KANNAI8」は以下の企業から構成されるコンソーシアムです。

  • 三井不動産株式会社(代表企業)
  • 鹿島建設株式会社
  • 京浜急行電鉄株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 株式会社竹中工務店
  • 株式会社ディー・エヌ・エー
  • 東急株式会社
  • 星野リゾート

横浜市現市庁舎街区等活用事業の建設現場写真

ここからは、横浜市現市庁舎街区等活用事業の建設現場を写真で紹介します。

2021年2月4日

関内駅

横浜市の旧市庁舎はJR関内駅の南口駅舎の目の前です。駅舎に取り付けられた横浜DeNAベイスターズのキャップオブジェもポイント。

駅の反対側から出ますと、教育文化センターの跡地に関東学院関内キャンパスの建設現場があり、再開発が進む関内を感じます。

関連記事

関内駅前

駅前にYDB10周年の看板。これは「横浜ベイスターズ→横浜DeNAベイスターズ」10周年ということですね。球団歌「熱き星たちよ」の歌詞の球団名の部分もキッチリ変更されていて、その当時、初めて聞いた時はウケました。

旧横浜市役所

JR関内駅前から見た旧横浜市役所。

旧横浜市役所

改修されホテルとして存続する行政棟が見えます。柵で囲まれた状態となっているのであまり見えないのですが、市会棟とされているところは解体され、超高層ビルが建設されます。

旧横浜市役所

みなと大通り側からみる行政棟。

1959年、建築家・村野藤吾による設計で建築された建物で、レトロモダンな雰囲気を醸しています。ホテルとして生まれ変わるというのは楽しみなポイントです。

旧横浜市役所

尾上町通りから。地下鉄の関内駅からアクセスするときはこちらの風景となります。

並木の奥にある低層の建物が高層ビルとなる部分かと思います。

旧横浜市役所

柵の内側がくすのき広場。くすのきモールとして生まれ変わります。

旧横浜市役所

柵には「市庁舎移転のご案内」。2020年5月22日をもって新市庁舎へ移転とあります。

横浜市役所の新市庁舎について知りたい方は、下記の記事もチェックしてみてください。

関連記事

基本情報

  • 名称:横浜市現市庁舎街区等活用事業
  • 住所: 神奈川県横浜市中区港町1丁目地内

Writing by: