1. TOP
  2. コラム
  3. 現在のページ

海岸通り「横濱ビル」解体前の姿見てきた!ドラマ「これは経費で落ちません!」ロケ地


横濱ビル

海岸通りの「横濱ビル」見てきました。戦後初の高層ビルで1950年竣工。約70年間復興のシンボルとして親しまれてきましたが、老朽化のため2021年以降に解体される見通しです。ドラマロケ地などにも使われているレトロモダンビルだったので取り壊しは残念です。

スポンサーリンク

横濱ビル(2021年2月の様子)

海岸通り

海岸通り近くを散策中、2020年12月に報道された横濱ビル解体のニュース(↓)を思い出し、現地まで来てみました。

横濱ビルというと、2019年に放送された多部未華子さん主演のドラマ 『これは経費で落ちません!』に出てくる会社「天天コーポレーション」のロケ地です。天天コーポレーションが無くなるのは地味にショック。

横濱ビル

新聞社によって「年明けにも解体」としている記事もあったので、解体工事が始まっていることも想定して行ってみると、横濱ビルはまだ営業していました。

横濱ビル

テナントの看板です。

地下には「アマゾンクラブ」という歴史ある隠れ家バーがあったのですが、2020年12月に閉店。別の場所に移転する予定だそうです。

横濱ビル

壁に取り付けられている建設当時のものとみられる送水口は、見る人が見るととても貴重なものらしいです。

横濱ビル

横濱ビルの入り口。

横濱ビル

1950年竣工当時の写真と2009年の写真がありました。

ビル角部分が縦ブルーにペイントされたのは2009年以降なのかな?

横濱ビル

エントランスの照明や雰囲気が昭和レトロで趣きがあります。

横濱ビル

ビル内のテナントはほとんど無くなっていて、10店舗ほど営業しているようです。

横濱ビル

そして、不意打ちなドラマ告知「トップナイフ」とな?ドラマのポスターと天海祐希さんや椎名桔平さんなど出演者のサインが飾ってあります。

2020年に放送された天海祐希さん主演のドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』のロケ地だったようですが、全話見ていたという私の連れも「どこで出てきたのかさっぱり?」という話です。

横濱ビル

エレベーターホール。

横濱ビル

右手側にチラリと見えている階段がモダンな感じがします。

横濱ビル

左手側は郵便受けやお手洗いがあります。

横濱ビル

張り紙の内容は移転のお知らせ。ビル取り壊しに向け立ち退いているのだなという印象。

横濱ビル

横濱ビル創立60周年記念の絵が飾ってあります。せつない。

横濱ビル

エントランス部分を見学させてもらいビルを後にしました。

横濱ビル

反対側から見たビル側面はまた印象が違います。

横濱ビル

横濱ビル

横濱ビル

「この建物(横浜ビル)は戦後横浜復興の先駆けとして建設されたものである」と刻まれたプレートがあります。

横濱ビル

地下に下る階段。

左隣にチラリと見える建物は横浜郵船ビルとなります。

関連記事

横濱ビル

エントランスにあったのと同じ写真。建物を所有・管理する横浜貿易建物株式会社の名前があります。

横濱ビル

以上、2021年2月の横濱ビルの様子でした。

まだギリギリ開館していたようで、見学出来たことはラッキーでした。

以下、余談ではありますが…。

横浜第二合同庁舎

海岸通りをみなとみらい方向に進んでいくと「横浜第二合同庁舎」に突き当ります。

横浜第二合同庁舎

2021年1月25日に火事のニュースがありましたよね。

横浜第二合同庁舎

出火があった部屋の窓や外壁が黒くなっており、火事の痕跡が残っていました。

基本情報

Writing by: