1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

ガーリックシュリンプを横浜で | ブルーウォーターシュリンプ横浜の店舗

更新日: 2018年03月09日 ,
ブルーウォーターシュリンプ横浜

ハワイアンローカルフードのガーリックシュリンプ、美味しいですよね。

横浜ワールドポーターズ1階、ハワイアンタウンに「ブルーウォーターシュリンプ」というガーリックシュリンプの専門店があります。

ここでは、ブルーウォーターシュリンプ横浜のメニューや値段、味の感想などを紹介します。

スポンサーリンク

場所は横浜ワールドポーターズのハワイアンタウン

ブルーウォーターシュリンプ横浜

横浜みなとみらい、ワールドポーターズ1Fにあるハワイアンタウン。

こちらの一角にブルーウォーターシュリンプの店舗があります。

ブルーウォーターシュリンプ横浜

ブルーウォーターシュリンプ横浜

ブルーウォーターシュリンプについて

ブルーウォーターシュリンプはハワイ・オアフ島でオープンしたガーリックシュリンプに人気店。横浜の店舗は日本上陸1号店ということです。

BLUE WATER SHRINPは、2004年3月にハワイ・オアフ島でオープンしました。インターナショナルマーケットプレイス内の本店のほか、ワイキキとノースショアで、キッチンバスにて販売。ワイキキ店は市の条例でバスによる販売ができなくなりましたが、現存のお店は、今も大行列のお店です。

引用元:MOG・MOGオフィシャルサイト

ブルーウォーターシュリンプ・主なメニューの紹介

  • プレート・7ピース(1,000円)
  • プレート・10ピース(1,300円)
  • 単品・7ピース(800円)
  • 単品・10ピース(1,100円)

プレートにはライスとサラダが、単品にはえびせんがついています。

味付けはマイルドとスパイシーから選べます。マイルドが定番、スパイシーは辛党の人におすすめです。

値段については最初高いかな?と思いましたが、中華料理のエビチリもレストランではエビ1尾あたり100円+α程度の値段で提供されていることが多いので、そんなに高くはないのかも。

オーダーしたもの

ブルーウォーターシュリンプ横浜

プレート・10ピース(1,300円)、マイルド味です。

味がしっかりしていて、殻付きのシュリンプがソースと馴染んでいます。

殻ごと食べられるのが特徴なので手が汚れたりしませんが、少し噛み切りにくいかな。

スポンサーリンク

フードコートならではの楽しみ方

ブルーウォーターシュリンプ横浜

横浜にいながらハワイ気分が味わえるフードコート。

ブルーウォーターシュリンプ横浜

ハワイアンタウンにある7店舗専用のフードコートになっています。

ブルーウォーターシュリンプ横浜

ドリンクを買い忘れたので、再びブルーウォーターシュリンプの窓口へ。

ブルーウォーターシュリンプ横浜

ドリンクは缶ジュースが260円なので割高かな。

ブルーウォーターシュリンプ横浜

なので、隣のレナーズでマラサダとドリンクのセットを買ってみました。

お値段はこれで300円。

フードコートだと、こんな楽しみ方もできます。

関連記事

ハワイ発レナーズのマラサダを横浜で。揚げたてが最高にウマい

基本情報

Writing by