1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

ハワイ発レナーズのマラサダを横浜で。揚げたてが最高にウマい

投稿日: 2018年01月20日 ,

みなとみらいで歩き疲れたとき、マラサダ求めてワールドポーターズのレナーズ横浜に立ち寄るのが私の定番です。

マラサダはハワイに本店を構えるレナーズの看板スイーツで、日本では横浜に店舗があります。

今回はレナーズ横浜ワールドポーターズ店の店舗の様子、メニューと値段、販売されているスマホケースやバッグなどグッズなどの紹介をします。

スポンサーリンク

レナーズ横浜ワールドポーターズ店

レナーズ横浜ワールドポーターズ店

横浜みなとみらいにあるワールドポーターズ1Fにあるハワイアンタウン。

レナーズ横浜ワールドポーターズ店

こちらに、レナーズ横浜ワールドポーターズ店があります。

2008年に日本1号店としてオープンしたそうです。

レナーズ横浜ワールドポーターズ店

店頭で飾られているのは、ジャガイモではなくマラサダベイビーというレナーズのマスコットキャラクターです。

レナーズとは

ハワイのレナーズ

レナーズ(Leonards)は1952年創業のハワイの老舗ベーカリーで、オアフ島に本店を構えています。

私も行ったことがありますが、ハワイ旅行ではマラサダの聖地として定番のグルメスポットになっていますよね。

マラサダについて

マラサダは揚げドーナッツの一種です。

ハワイ発祥のスイーツかと思いきや、そのルーツはポルトガルにあるということです。

レナーズベーカリーの創業者であるレオナルド・レゴ氏は、ポルトガル系ハワイアンの三世としてハワイで産まれました。彼がレナーズベーカリーで祖父母の祖国のおやつであるマラサダを販売し始めたのが、マラサダがハワイのロコスイーツとして広く知られるようになったきっかけであると言われています。

引用元:レナーズマラサダオフィシャルサイト

マラサダは揚げたてにかぶりつくのがおすすめ!

レナーズ横浜ワールドポーターズ店

レナーズ横浜ワールドポーターズ店ではお持ち帰りもできますが、おすすめなのは断然揚げたてです。

揚げたてにかぶりつくと、外はカリッとしていますが中は弾力があり、噛み切るときはモチっとした歯ごたえです。

見た目は変哲の無い揚げドーナッツなんですが、ジワジワはまる美味しさがあります。

買い物なんかで疲れたときや小腹が空いたとき食べると、すごく元気になれるお味です。

テイクアウトした時は、上手に温めると美味しく食べられるみたいです。

公式サイトに温め方が掲載されていますので参考になさってください。

公式サイト

マラサダの美味しい食べ方♪(レナーズマラサダオフィシャルサイト)

マラサダ・主なメニューの紹介

  • シュガー(160円)
  • シナモンシュガー(160円)
  • カスタード(220円)

1番人気はシンプルなシュガーのマラサダで、わたしもこれが一番好きです。

2番人気はシナモンシュガー、シナモンは控えめで食べやすいです。

また、中にクリームが入ったものもあります。

ドリンクなどメニュー詳細は、公式サイトをご確認ください。

公式サイト

横浜ワールドポーターズ店MENU(レナーズマラサダオフィシャルサイト)

レナーズグッズ・トートバッグ・スマホケースなど

レナーズ横浜ワールドポーターズ店

レナーズ横浜ワールドポーターズ店の店頭では、レナーズのロゴやイラストが入ったトートバッグ、スマホケース、マグカップ等が販売されています。

横浜のお土産としても喜ばれそうな可愛さです。

オンラインショップがあるので、商品の詳細をチェックすることができます。

公式サイト

レナーズ公式オンラインショップ

スタンプカードもあります

レナーズ横浜ワールドポーターズ店

スタンプカードがありますので、よく行かれる方は作ってみてください。

マラサダ1個につきスタンプ1個。10ポイントでマラサダ1つプレゼントになります。

私はいつも1個か2個しか食べないので、全然たまりません(悲)

基本情報

  • 名称:レナーズ横浜ワールドポーターズ店
  • 住所:神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ1階
  • URL:http://www.leonardsjapan.com/shop

Writing by