1. TOP
  2. コラム
  3. 現在のページ

横浜文化体育館の建て替え状況!跡地にメインアリーナ整備中、隣接の横浜武道館は開館済

|
,
横浜文化体育館

2020年9月6日に閉館した横浜文化体育館(文体)。「横浜文化体育館再整備事業」により解体後の跡地にはメインアリーナが新設されます。完成予定の2024年まで、開業日情報、工事現場の状況を随時更新してお届けします。サブアリーナの横浜武道館は隣接地で先行開館してます。

スポンサーリンク

横浜文化体育館再整備事業とは

場所はJR関内駅、伊勢佐木長者町駅の近くです。

横浜市は横浜文化体育館(1962年開館)の施設老朽化に伴い再整備事業を実施しています。

解体後の横浜文化体育館跡地にメインアリーナ施設、旧横浜総合高校跡地にサブアリーナ施設「横浜武道館」、各アリーナに隣接して民間収益施設、計4施設が建設される計画です。

イメージ図によると、サブアリーナ施設「横浜武道館」の敷地内に隣接して「病院」、メインアリーナ施設に併設される形で「ホテル等」が建設されます。

グーグルマップを確認したところ、民間収益施設の「ホテル等」は横浜文化体育館に併設していた「平沼記念レストハウス」跡地部分に設定されているようです。

時系列でいうと、2020年7月24日にサブアリーナ施設の「横浜武道館」が先行してオープンしています(現場写真は後ほど紹介)。その後、2020年9月6日に「横浜文化体育館」が閉館。58年の歴史に幕を下ろしました。

取り壊し直前の横浜文化体育館の様子です。

メインアリーナ施設のイメージ図

横浜文化体育館の跡地に新築されるのは、スポーツやコンサート利用を見込む大規模なアリーナ施設です。供用開始予定は2024年。

イメージ図ではアリーナ部分に「YOKOHAMA UNITED ARENA」、民間収益施設部分に「UNITED HOTEL」と記載がありますが、現段階では仮称だと思われます。

メインアリーナ施設は地上3階建て(延床面積:15,514㎡)。民間収益施設は地上7階建て(延床面積:4,158㎡)で、ホテル、飲食店、店舗、駐車場が入る予定です。

スポーツ会場

コンサート会場

プレミアムラウンジが整備される予定です。

スポンサーリンク

横浜文化体育館再整備事業の建設現場写真

横浜文化体育館再整備事業の建設現場を写真で紹介します。

2021年2月17日

横浜文化体育館

閉館後の「横浜文化体育館」。

敷地に仮囲い。建物自体もカバーされており、もうかつての姿を見ることはできません。

横浜文化体育館

敷地内の時計は止まっており、解体の時を静かに待っているようです。

横浜文化体育館

横浜文化体育館

掲示に「横浜文化体育館再整備事業に係る現横浜文化体育館(機械室棟、レストハウス含む)の解体作業」とあります。

解体作業期間が「2020年10月5日~2021年12月31日」となっていますので、新築工事はそれ以降ですね。

横浜武道館

右側に工事現場、左側に「横浜武道館」が見えています。

横浜武道館から見た工事現場

横浜武道館から見た工事現場。近くにカクヤスがあります。

横浜武道館

横浜武道館の外観です。

横浜武道館

角度によって看板の文字が読みづらいようです。

横浜武道館

横浜武道館は4階建ての施設です。

現場の敷地のマップを確認すると、横浜武道館の横にシールが貼られ部分があり、病院の建設予定地だと思われます。

横浜武道館

横浜武道館

入口に定礎。開館した2020(令和2)年7月と市長さんの名前。

横浜武道館

あまり来る機会もないので、内部も見学してみました。

エントランスロビーは無人ではなく、案内のところに受付嬢が待機してました。

横浜武道館

開館記念の太鼓でしょうか?設置されています。

横浜武道館

2階フロア。

横浜武道館

アリーナの会場です。

横浜武道館の隣

横浜武道館の隣は柵に囲まれた空地になっており、看板には解体工事中とありました。計画によると、ここが民間収益施設の病院が建つ場所となっています。

基本情報

  • 名称:横浜文化体育館再整備事業(メインアリーナ)
  • 住所:横浜市中区不老町2-7
  • URL:https://budokan.buntai.jp/

Writing by: