1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

横浜中華街・謝甜記本店の営業時間・お粥メニュー・行き方について

投稿日: 2018年02月01日
横浜中華街謝甜記本店

横浜中華街の有名なオカユヤ「謝甜記」は、本店と貮号店の2店舗あります。

ガイドブック掲載はたいてい貮号店ですが(広い店舗で営業時間が長い)、今回は昔ながらの店舗である謝甜記本店の営業時間・メニュー表・場所と行き方について解説します。

謝甜記本店は定休日があったり夕方の時間準備中になっていたりするので、「行ったのに!閉まってた!!」ということがよくあります(私の中で。。。)

スポンサーリンク

謝甜記本店の場所と行き方

横浜中華街

みなとみらい線の元町・中華街駅にほど近い、中華街東門(北京飯店が目印)からアクセスするのが簡単な行き方です。

横浜中華街

中華街東門は中華街で最大の門、名前を朝陽門といいます。

横浜中華街

朝陽門をくぐり少し進むと、加賀町警察署山下町交番に突き当たります。

道が2股に分かれていますが、栄えているメインの通り「中華街大通り」(写真左)へ。

中華街大通りに入って比較的すぐの場所に謝甜記本店があります。

謝甜記本店の営業時間と定休日

謝甜記本店の定休日

謝甜記本店は、毎週火曜日定休日。

謝甜記本店の営業時間

謝甜記本店

謝甜記本店の営業時間は、ちょっと難易度高め。

以前入手した店舗情報によると、平日は14:55~16:30まで準備中とあります。

この日は平日、到着時刻14時50分!ぎりセーフかと思ったら。。。

謝甜記本店

中でお粥をすすっている人はいたものの、既に準備中の札が(´;ω;`)

お店基準でランチタイムのラストオーダー的なリミットが設けられているのだと思います。

これは失敗したと思い、改めて謝甜記本店の営業時間を信頼できそうなウェブサイト調べてみたら、食べログ・ぐるなび・横浜中華街公式サイト、どこも微妙に異なった営業時間が掲載されているんですよね~(記事執筆時点)

参考サイト

謝甜記本店(食べログ

謝甜記本店(ぐるなび)

謝甜記本店(横浜中華街公式)

上記のサイトを参考にした、おおよそのポイントは以下の通り。

(※ウェブサイトでは、店舗の最新情報が反映されていないということもあるので、判断については自己責任でお願いします。)

  • 土日祝は終日営業、平日は中休みがある。
  • 開店時間は、基本的に10:00~だが、土日祝日は9:00~との情報もある。
  • 平日の昼の営業は、~14:55 または ~15:00との情報があるが、14:50には閉まっていることもあった(自身の体験談)。
  • 平日夜の営業は、16:30~である。
  • 閉店時間は、~21:00(LO 20:25)または ~20:30との情報がある。
  • 土曜日の閉店時間について、~21:30としている情報もある。

以上から、

謝甜記本店に行くときは、営業時間については、事前に店舗に電話して確認するのが間違いない(笑)

というのが色々調べた上での結論となります。。。

スポンサーリンク

謝甜記本店でお粥を食べる

謝甜記本店

時間は午後4時半、謝甜記本店前にやってきました。

謝甜記本店、今度は営業しております。

謝甜記本店

お店の前にメニュー表があります。

謝甜記本店

謝甜記本店の店内の様子。

夕方の開店直後なので空いていますが、これで混んでいるときは他人と相席になったりします。

謝甜記本店

こじんまりした店舗。

雑然としている部分はありますが、清潔感はあるので私は嫌いではありません。

謝甜記本店

店内にもメニュー表が貼ってあります。

謝甜記本店

やさいかゆ(710円)

いつも頼んでしまう定番メニューです。

味を変えるためのネギ醤油の小皿の上に、レンゲが無造作に置かれているのも慣れっこです(笑)

謝甜記本店

ネギ醤油はお好みで、自分のタイミングで投入してみてください。

謝甜記本店

ぶたにくかゆ(710円)

豚のつくねが入っています。

味は臭みがないのでとても食べやすく、量はラーメンどんぶり1杯分と結構あるのですが、意外と食べれてしまいます。

本店と貮号店の若干の味の違いとしては、貮号店はクリーミーでパクチーが入っています。
本店の方はパクチー臭を感じませんので、苦手な方は本店が良いかと思います。

謝甜記本店のメニューを紹介

謝甜記本店メニュー

謝甜記本店のメニュー表を撮影してきました。

謝甜記本店メニュー

お粥以外の料理です。

  • 梅みそ付鶏の唐揚げ(1,300円)
  • 大えびのチリソース炒め(2,380円)
  • 小えびのチリソース炒め(1,790円)
  • レバー野菜炒め(1,460円)
  • 大えび野菜炒め(2,380円)
  • あわびのうまに(3,030円)
  • ぶたの足(1,080円)
  • ザーサイ肉炒め(1,790円)
  • 季節中国野菜炒め(1,080円)
  • 五目うま煮(1,790円)
  • マーボーなす(1,080円)
  • モツ野菜炒め(1,460円)
  • カニ炒め(2,700円)
  • ピータン豆腐(1,080円)
  • 五目豆腐(1,520円)
  • 牛バラ角煮(1,790円)
  • 牛肉ピータン炒め(1,790円)
  • しいたけととりにく炒め(1,790円)
  • 五目おこげ(1,620円)
  • 焼きそば(760円)
  • はるまき(870円)

謝甜記本店メニュー

※おかゆの小サイズは平日のみ提供されています。

  • 貝柱かゆ(1,200円)/小(950円)
  • モツかゆ(710円)/小(540円)
  • やさいかゆ (710円)/小(540円)
  • 三鮮かゆ(810円)/小(650円)
  • すじかゆ(810円)/小(650円)
  • ピータンスタミナかゆ(810円)/小(650円)
  • えびかゆ(810円)/小(650円)
  • 牛肉かゆ(710円)/小(540円)
  • たまごかゆ(710円)/小(540円)
  • さかなかゆ(710円)/小(540円)
  • 豚肉かゆ(710円)/小(540円)
  • とりかゆ(710円)/小(540円)
  • 五目かゆ(710円)/小(540円)
  • レバーかゆ(710円)/小(540円)
  • 五目肉かゆ(710円)/小(540円)

その他、焼売や杏仁豆腐など、おかゆと一緒に食べたい小皿料理も提供されています。

謝甜記本店メニュー

色々料理が試せるコースメニューもあり。

謝甜記本店メニュー

飲み物のメニューもあります。

基本情報

Writing by: