1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

【白楽 栗山製麺】有名店のつけ麺を三井アウトレットパーク横浜ベイサイドで!メニュー紹介

投稿日: 2020年09月22日
白楽 栗山製麺

三井アウトレットパーク横浜ベイサイドのフードコートで「白楽 栗山製麺」のつけ麺を食べてきたのでメニューや感想をお伝えします。栗山製麺は白楽にある人気つけ麺店「くり山」の2号店として出店。旧東池袋大勝軒と六厘舎で修行した店主が作るつけ麺が評判です。

スポンサーリンク

横浜ベイサイドのフードコートで「白楽 栗山製麺」

白楽 栗山製麺

三井アウトレットパーク横浜ベイサイドのフードコートにて。夫が定期的につけ麺食べたい病を発症するため、今回のお食事処は「白楽 栗山製麺」となりました。

※三井アウトレットパーク横浜ベイサイドのフードコートの全店舗については下記の記事にまとめてあります、良かったらご覧になってください。

関連記事

白楽 栗山製麺のメニュー

白楽 栗山製麺

  • つけ麺(850円)
  • 辛つけ麺(950円)
  • 特製つけ麺(1050円)
  • 中華そば(750円)

白楽 栗山製麺

メニュー自体は多くなく(売り切れ中のメニューもあり)、お品書きにはつけ麺のトッピングや肉飯などサイドメニューの掲載があります。

トッピングはチャーシューや卵などありますが、手っ取り早いのが「特製」となります。また、サイドメニューの肉飯は単品でも注文できまして、フードコートならではの感じがします。

白楽 栗山製麺

ソフトドリンクのとのセットメニューもあります(+130円)。

白楽 栗山製麺で注文したもの

白楽 栗山製麺

特製つけ麺(1050円)を注文しました。

白楽 栗山製麺

スープはいわゆる魚介系で、店主が旧東池袋大勝軒で修業したというのもうなずけます。私が食べた中では、大勝軒横浜西口店のつけ麺と同系統の味のように思いました。

白楽 栗山製麺

麺はストレートな太麺でモチモチした感じ。見た目はふどんみたいに太いですが、食感にうどん的柔らかさはなく、程よい歯ごたえでした。

チャーシューはスープに浸けて馴染ませるといい感じです。

白楽 栗山製麺

麺の量は多いように思いました。

粘度のある汁が冷めた状態で残るので、スープ割が無いと最後までは食べれないと思い、カウンターで確認したら、お椀を持っていったら注いでくれるとのこと。

それで注いでもらったのですが、残念ながら自分で調整できないので味がめちゃ薄になってました。また、スープ割で汁が温かくなることを期待したのですが、仕上がりは冷たくはないという常温で、笑いのネタとなりました。

白楽 栗山製麺

唯一、粘度は解消されたので、スープに麺を投入。最後はラーメンにして完食となりました。

最後に

白楽 栗山製麺

以上、「白楽 栗山製麺」三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド店でした。汁はすぐに冷めてしまいますが、味は普通に美味しいつけ麺でした。

そういえば、カウンターに唐辛子や柚子があったので、この辺の調味料を使えばまた違った風味が楽しめたのかもしれません。けど、フードコートだと行ったり来たりが面倒だし、途中で味を変えたいという場合もあるので、調味料用の小皿があったほうが嬉しいかなと思います。

次くることがあったら、中華そばを食べてみたいと思います。

スポンサーリンク

基本情報

Writing by: