1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

カフェドラペでレトロ喫茶メニューを満喫!横浜パスポートセンターの洋食屋

投稿日: 2020年08月23日
横浜カフェドラペ

Cafe de la Paix(カフェ・ド・ラペ)は、横浜・山下公園の向かいにある昭和レトロなカフェ&レストランです。店舗が入店する産業貿易センタービルには神奈川県パスポートセンターがありますので、御用の方は一度は足を運ぶ場所かもしれません。

スポンサーリンク

カフェ・ド・ラペとは

カフェ・ド・ラペ

山下公園あたりでお茶でもしようということになり、目についたのが2階へと続く外階段が印象的なレストラン「カフェ・ド・ラペ」。後で調べて分かったのですが、ドラマ『あぶない刑事』のロケ地にもなったお店のようです。

カフェ・ド・ラペ

1階にメニューサンプルが並んでいるのは親切ですね。

階段右側には喫茶のメニューが並び「喫茶のみでもお気軽に利用ください」とあります。

カフェ・ド・ラペ

ミニパンケーキ、ケーキセット、クリームソーダ、パフェなどがあります。季節限定かもしれませんがフラッペも。

カフェ・ド・ラペ

階段左側には食事のメニューサンプル。ピザ・パスタ・オムライス・ハンバーグなど洋食屋さんのメニューが並びます。

カフェ・ド・ラペ

店内の様子はわからないものの、食事が900円位、カフェが450円位からと、場所の割にはお手頃な価格設定のように思い、入店してみることにしました。

店内の様子

梅ドレッシング

入ってすぐの場所はエントランスで、ショーケースやレジがあります。

ケースの中に各種ケーキが並んでいるのはわかるのですが、なぜか大倉山にあるレストラン「オークラ」本店の梅ドレッシングも販売されてました。

シュガーラスク

さらにオークラ伝統の味と銘打たれたシュガーラスクも販売されています。

調べてみると、オークラもカフェ・ド・ラペも横浜大倉山に本社がある木村商事グループのレストランということでした。カフェ・ド・ラペはウエディングパーティープランなども手掛けており、フレンチのコースも提供するレストランになります。

カフェ・ド・ラペ

さて、私たちはエントランスには外側からアクセスしましたが、建物内から入る入口もあります。そこからさらにガラス張りの内扉があり、客席となります。

カフェ・ド・ラペ

赤いテーブルクロスや床の模様、天井の照明がゴージャス。昭和のスナックみたいな内装というのでしょうか。レトロで懐かしい感じがします。

壁際を見ると、時間帯によってはビュッフェ等開催されているような備品が並んでいます。ただ、コロナの影響があるので現状どうなっているのかは分かりません。

カフェ・ド・ラペ

壁の絵画や窓際席との仕切りに設置されているスズラン風ランプもアンティークで良い味出してます。

カフェ・ド・ラペ

窓からは山下公園通りの並木道が見えて素敵です。

メニュー表

店内でみたメニュー表のうち、食事メニューは外に張り出されていたのと同じ内容でした。スイーツやドリンクのメニュー表もあわせて掲載します。参考程度にどうぞ。

カフェ・ド・ラペ

カフェ・ド・ラペ

カフェ・ド・ラペ

カフェ・ド・ラペ

カフェ・ド・ラペ

カフェ・ド・ラペ

カフェ・ド・ラペで注文したもの

アイスキャラメルコーヒー(620円+税)

カフェ・ド・ラペ

1階店頭のサンプルで見て気になっていたアイスキャラメルコーヒーを注文してみました。

カフェ・ド・ラペ

コーヒーは予想以上にカフェオレで、固めにホイップされた生クリームがたっぷり入っています。キャラメルがかかったクリームは溶けにくいので半分食べる感じです。かなりデザート感覚なアイスコーヒーでした。

プリンのパフェ(950円+税)

カフェ・ド・ラペ

見た目からして美味しそうなプリンのパフェです。

上にかぶされているのはパリッとした食感の水あめ。プリンは単体で注文してもよいくらいのちゃんとしたプリン。トロリ滑らか系ではなく、昔ながらの蒸しプリンみたいな感じで、滑らかすぎない固めの食感がウマ。

カフェ・ド・ラペ

プリンの下はストリベリーアイスとバニラアイスが入っています。パフェに添えられたウエハースがサクサクでアイスと高相性。

ファミレスとかにある、中ほどにコーンフレークが入ったタイプのパフェはそれはそれで嫌いではありませんが、カフェ・ド・ラペのプリンパフェはコーンフレーク無しで、最後まで滑らか食感。細長いのにコーンフレークで埋めてこないところが気に入りました。

プリンパフェは私ではなく連れが注文したのですが、グラスが「デカッ」と声に出てしまうほど長かったので、1人では食べきれず、私もかなりお手伝いしました。2人前っていうほどではないですが、それなりのボリューム感ありです。

こんなに食べるんだったら、自分の注文はもっとさっぱり系にすればよかったと思ったりして。

スポンサーリンク

最後に

産業貿易センター

産業貿易センタービルには幾つかの飲食店が入店しており、最初は1階にあるドトールに入ろうと思っていたのですが、たまには趣の異なったカフェで楽しむのも悪くないと感じました。

注意点としては、店内喫煙席があるということで、分煙の店舗だったことです(訪問時は気がつかず)。ただ、訪問時は窓際に2~3組くらいお客さんが居たものの、たまたま喫煙者がいなかったので、今回煙を気にする機会はありませんでした。

ところで、パスポートセンターがある場所に来て、自分のパスポートの有効期限が1年を切っていることに気がつきました。でも、しばらく海外に行かれないようなので、あわてて更新するのも違うなあと思ったり。どうしましょ。

基本情報

  • 名称:カフェ・ド・ラペ
  • 住所: 神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センター2F
  • URL:http://www.ksg-yamashita.com/

Writing by: