1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

【立ち食いそば】桜木町駅の川村屋~とり肉そば・うどんが名物

投稿日: 2018年10月15日
川村屋 桜木町のそば屋

数年ぶりに立ち食いそば店に行ってみました。JR桜木町駅に昔からある「川村屋」です。創業100年を超える老舗店ですが、現在はCIAL桜木町内「停車場ビュッフェ」という飲食店街の一角で営業しているため、店舗は新しくキレイ。座って飲食できます。

スポンサーリンク

そば うどん 川村屋

川村屋 (桜木町駅立ち食いそば)

入口はJR桜木町駅の南改札すぐ横と駅の西口側(野毛方面)の2ヶ所にあります。

川村屋 (桜木町駅立ち食いそば)

それぞれの入口に食券の自販機がありますので、こちらで食券を購入します。

さりげなく、お店の色々な場所で「青汁」アピールがされています。名物のようですが、今回はスルーしました(笑)

川村屋 (桜木町駅立ち食いそば)

どのメニューも、そば・うどんの選択ができます(食券を出すとき口頭で指定)。イチオシは看板メニューの「とり肉そば・うどん」となっています。

店内の様子

川村屋 (桜木町駅立ち食いそば)

この場所の反対側に一つ前バージョンの店舗があり、立ってそばを食べた記憶があります。2014年に移転オープンした新しい店舗にはカウンターとイスが置かれ、座って食べることができます。

川村屋 (桜木町駅立ち食いそば)

野毛側の店舗前にはテーブルが出ているので、外でそばをすすることもできます。

川村屋 (桜木町駅立ち食いそば)

カウンター席に置かれた新聞記事。

創業1900(明治33)年の川村屋の歴史を知ることができます。

オーダーしたもの

川村屋 (桜木町駅立ち食いそば)

とり肉そば(370円)

川村屋 (桜木町駅立ち食いそば)

いか天玉そば(460円)といなり2個(140円)

麺は少しボソっとした感じで、雰囲気はカップラーメンのそばと似た感じです。汁は懐かしい味わいでした。食べやすく腹持ちも良かったです。

最後に

一昔前の店舗イメージで入店したので、思いのほかきれいな店舗で驚きました。女性一人でも抵抗なく入れそうな雰囲気です。

スポンサーリンク

基本情報

Writing by