1. TOP
  2. スポット
  3. 現在のページ

アニタッチみなとみらい(横浜ワールドポーターズ)は大人も気軽に遊べる癒しスポットだった!

アニタッチ みなとみらい

2021年10月14日、横浜ワールドポーターズ2階に動物ふれあい施設「アニタッチみなとみらい」がオープンしました。平日夜に行ったら混雑してなくて、大人でも気軽に入れる雰囲気。カピバラに餌をあげたりうさちゃんモフったりとエンジョイできたので動物園の様子をお伝えします。

スポンサーリンク

アニタッチみなとみらいに行ってみた

新港サークルウォーク

みなとみらいを散策中、新港サークルウォークに設置されたエスカレーターの照明がきれいだったので、こちらを通過して横浜ワールドポーターズへ。

住宅展示場

すると、新港サークルウォークからワーポに入ってすぐのところに、ふれあい動物「アニタッチみなとみらい」という新施設がオープンしてました。

アニタッチみなとみらい

2021年10月14日にオープンした「アニタッチみなとみらい」は、伊豆シャボテン動物公園監修の施設ということです。

アニタッチみなとみらい

横浜ワールドポーターズの2階、デッキストリートというエリアにあります。以前は雑貨屋さんなどが並んでいましたかね(記憶が薄い)。ジョナサンの近くです。

アニタッチみなとみらい

さて、こちら「アニタッチみなとみらい」の良いところは、外側から程よく中の様子を覗き見できることです。珍しい動物がちょっと見えることで興味がそそられるし、客入りの混雑具合も外から見えるので、もし空いてたら遊んでみようという気分になりやすいです。

アニタッチみなとみらい

訪問時は平日の夜で混雑してませんでした。大人のお客さんが結構入っているようでしたので、私たちも遊んでみることに。

アニタッチみなとみらい

受付で入場料を払い施設内へ。

アニタッチみなとみらい

広いワンフロア。

アニタッチみなとみらい

みなとみらいシティ風に作られた展示オブジェの中に小動物たちが大集合しています(詳しくは後ほど)。

アニタッチみなとみらい

奥まで進むと休憩スペースと自販機、ウサギとのふれあいコーナーがあります。その奥が出口です。

アニタッチみなとみらい

それとカピバラとワオキツネザルなどと触れ合える別室があります。施設のフロア構成はこんな感じです。

アニタッチみなとみらいの動物たち

「アニタッチみなとみらい」には、20種類以上300匹以上の動物がいるそうです。

アニタッチみなとみらい

ヒヨコがわちゃわちゃ。エサやりもできます。各動物のエサは200円で販売されていました。

アニタッチみなとみらい

モルモットのぬいぐるみ感。

アニタッチみなとみらい

絵とシンクロしてるカラフトフクロウ。

アニタッチみなとみらい

まなざしが可愛いミーアキャット。

アニタッチみなとみらい

フェレットじゃなくてフェネック。

アニタッチみなとみらい

ネズミのようなウサギのような手が可愛い小動物。などなど。

アニタッチみなとみらい

一通り見学して、カピバラとワオキツネザルたちの部屋へ。

アニタッチみなとみらい

入口でポンチョ(100円)が販売されていました。これは動物の落とし物対策ですね。私、おさるの落とし物現場を目の前で目撃したので…、結構頭上注意かも。

アニタッチみなとみらい

ワオキツネザルは兄弟的な感じで何匹かいました。

アニタッチみなとみらい

人慣れしていて素早い動作を見せてくれます。結構上に行くので、見上げるとロープウェイのオブジェが。

アニタッチみなとみらい

見ていると餌をあげている人にしっかり懐いていたので、自分たちのほうには来ないかなと油断していたのですが、導線上にあるものにはおかまいなしに飛び乗ってくるようで、背中や肩に複数回乗られました。でもそれが心地よいというか、なぜか嬉しい気分になりました。

アニタッチみなとみらい

ぬいぐるみに見えるくらい鮮やかですが、本物の鳥です。飛びます。

アニタッチみなとみらい

そしてカピバラ!湯につかっています。

アニタッチみなとみらい

カピバラについては、これまで知っているようでまともに見たことがなかったのか、ウサギくらいの大きさの動物かと思ってたんですよね。そしたらポニーというの?小さい馬みたいなサイズ感で、想像以上に大きくてビックリしました。

アニタッチみなとみらい

餌やりも体験。もぐもぐ食べてくれて楽しいです。

アニタッチみなとみらい

さて、別室を後にし、出口近くのウサギタッチコーナーにきました。申し出ると、柵の中に入れてくれて、椅子に座ってウサギと触れ合うことができます。

アニタッチみなとみらい

膝にブランケットをかけてもらい、その上にウサギちゃん。この子はソワソワして落ち着かなかったので、スタッフの方が頭をナデナデして落ち着かせています。

アニタッチみなとみらい

結局最初のウサにはフラれてしまい、別のウサちゃんオン。この子は膝上が好きみたいで結構いてくれました。側面をそっとなでたりフワフワ堪能。

スタッフの方は親切でウサギと一緒の記念撮影もしてくれました。

スポンサーリンク

まとめ

アニタッチみなとみらい

以上、「アニタッチみなとみらい」の体験記でした。出口近くにグッズショップもあり、誰でも利用可能になっています。

類似の施設としては、2021年4月に「モフアニマルワールド(マークイズみなとみらい5階)」がオープンしています。国内最大級の屋内型アニマルテーマパークなので、子ども連れだったり、しっかり動物に触れ合いたいときには利用したい施設です。

一方の「アニタッチみなとみらい」は子どもも楽しめるし、場所柄デートや女子グループが気軽に楽しめる施設のように感じました。週末はあらゆる人で混雑しそうな気配はありますが、平日でしたら、大人1人でもマイペースに楽しむこともできるかと思います。

基本情報

  • 名称:アニタッチみなとみらい
  • 住所:神奈川県横浜市中区新港二丁目2番1号 横浜ワールドポーターズ2F
  • URL:https://anitouch.jp/

Writing by: