1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

「1・2・3CLUB HOUSE」のパンが価格破壊だった!マルイシティ横浜2階のサンドイッチ店

123クラブハウス横浜店

マルイシティ横浜2階にある「1・2・3CLUB HOUSE(ワンツースリークラブハウス)」が激安パン屋でした。学校給食でも提供されている小菅製パンのサンドイッチ店で、ジャンボメロンパン、200円の3斤食パン、鬼メンチなど独自路線を行くお安いラインナップが魅力です。

スポンサーリンク

「1・2・3CLUB HOUSE 横浜店」とは

123クラブハウス横浜店

「1・2・3CLUB HOUSE 横浜店」はマルイシティ横浜2階にあるパン屋さんです。蒲田や溝の口などにも店舗があり、横浜店がオープンしたのは2019年7月26日。

夕方になると値引きされるようで、しばしばレジ待ちの行列になっているのを見かけていましたが、たまたま午前中に通りかかったら店が空いている。商品もたくさん並んでいたので、ちょっと見てみることにしました。

123クラブハウス横浜店

顔より大きいであろう「ジャンボメロンパン」にマスクが描かれています。

123クラブハウス横浜店

ジャンボメロンパンのインパクトに心を奪われつつ、商品棚に目をやると、多くの商品が100円で販売されています。だからあんなに人だかりができていたのかと、遅ればせながら悟ります。

123クラブハウス横浜店

「社長の気まぐれ」はなんと50円!

123クラブハウス横浜店

「B・L・T」という商品。

ビッグ・ロング・ツナということらしく、ネーミングセンスがじわる。

123クラブハウス横浜店

「レモンだjio(ジォー)」。jio(ジォー)は勢い?

123クラブハウス横浜店

「給食の揚げパン」という昔懐かしのパンもあります。

123クラブハウス横浜店

「ほとばしる灼熱カレーパン」、激辛激安の100円パン。

123クラブハウス横浜店

80年代風のファンシーなイラストがそそる「惡マン10」。ミルクチョコあんぱんらしい。

123クラブハウス横浜店

食パンコーナーを見ると、7本入りのドッグパンや6枚入りの食パンが100円。

さらに、3斤食パンが200円で販売されています。こちらは名物商品のようです。棚に収納されている状態では分かりませんが、商品を取り出すと長ーい食パンです。

123クラブハウス横浜店

ショーケースには各種サンドイッチが200円くらいから。「学割 鬼メンチ(200円)」なるハンバーガーもあります。

123クラブハウス横浜店

中段の「スケさん角さんド(350円)」。スケソウダラを使ったサンドイッチのようですが、プライスカードに葵の紋的なマークが印字されていて…。静かに笑いのツボに刺さりました。

123クラブハウス横浜店

一通り店内を物色し、目に留まったのがコチラ「ミュージアムアラカルト」。パンが6種類+オマケパン1個が入ってなんと300円。

123クラブハウス横浜店

「学校給食専用箱」「コスゲパン」と印字してあるパンのコンテナが積んであります。調べてみると、学校給食パンの老舗・小菅製パンが運営しているパン屋が「1・2・3クラブハウス」ということでした。初めて見たときは、給食風なんちゃってオブジェかと勘違い。失礼しました。

ミュージアムアラカルト買ってみた

123クラブハウス横浜店

時間が経ったら売り切れてしまいそうな商品でしたので、すかさず購入してみました。

123クラブハウス横浜店

こんなに入って300円はお得ですね。

もしや消費期限が当日だったりしてとも思いましたが、消費期限が当日だったのは1点だけで、残りは2日ほど猶予があったので余裕で食べきることができました。

123クラブハウス横浜店

オマケは「ほとばしる灼熱カレー」でした。すごいオーソドックスなカレーパンの味わいの後にピリピリが来る。でも美味しかったです。

あとは「パン屋の肉パン」、

123クラブハウス横浜店

「ジャムパン」「食パン」「ロールパン」、

123クラブハウス横浜店

「あんぱん」「メロンパン」というラインナップでした。

味を一言でいうと「お供に牛乳がほしくなるパン」。食感はまさに給食のパンという感じで、普通に美味しかったです。久しぶりに牛乳飲みたくなりました。

見た目は普通のお洒落パン屋なのに、並んでいるものは個性的なパン屋「1・2・3 ClubHouse」。楽しかったのでまた伺ってみようと思います。

スポンサーリンク

基本情報

  • 名称:1・2・3 ClubHouse 横浜店 
  • 住所:横浜市西区高島2丁目19番12号
  • URL:https://kosugepan.com/

Writing by: