1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

オーバカナルラスールがCIAL横浜に!パンを買ってみました

投稿日: 2020年06月23日 , ,
オーバカナル ラスール シァル横浜店

横浜駅「JR横浜タワー」に開業した「シァル横浜」。地下1階に「AUX BACCHANALES La Sœur(オーバカナル ラスール)」がオープンしており、パン屋さんが併設したカフェ&レストランの店舗となっています。美味しそうなパンが並んでいたので購入してみました。

スポンサーリンク

オーバカナルとは

オーバカナル ラスール シァル横浜店

私「AUX BACCHANALES(オーバカナル)」が初見で読み方がわかりませんでした。調べてみると「フランスの大衆食文化を伝える」をコンセプトにしたお店ということで、ヨーロッパの地図が飾ってある店内でした。

オーバカナルは1995年3月21日、原宿のビルの1Fに誕生しました。 「カフェ」や「ブラッスリー」「ブランジェリー」といった言葉がまだまだ日本では認知されていなかった当時、 オープンカフェというスタイルを日本に紹介しました。

引用元:http://www.auxbacchanales.com/concept/index.html

「ブラッスリー(レストランの一種)」「ブランジェリー(パン屋の一種)」はオシャレなお店で見聞きするような言葉ですが、オーバカナルはそういったフランス風カフェの元祖のようなお店なのですね。

ちなみに、オーバカナル横浜店が入店するCIAL横浜の地下1階には「トムキャットベーカリー」というNY発のパン屋さんもあります。食べ比べてみると楽しいかもしれませんね。

関連記事

トムキャットベーカリーのパンに注目!シァル横浜で買ってきました

オーバカナル(ブランジェリー)の店内

オーバカナル ラスール シァル横浜店

店舗の端がパン屋さんになっています。

オーバカナル ラスール シァル横浜店

各種パンの他にジャムや焼き菓子などプレゼント向きの商品も置いてます。

オーバカナル ラスール シァル横浜店

パンの詰め合わせ(1000円)

オーバカナル ラスール シァル横浜店

ヴィエノワサンド(410円)

オーバカナル ラスール シァル横浜店

サラダも置いてありました。

スポンサーリンク

オーバカナル(ブラッスリー)の店内

オーバカナル ラスール シァル横浜店

オーバカナル ラスール シァル横浜店

ブラッスリーの方はL字型の店内です。カフェと食事どちらも楽しめるようなので、機会があったら利用してみたいです。

オーバカナルで買ったパン

オーバカナル ラスールのパン

閉店時間5分前くらいに入店してみました。レジが自動精算だったので、レシートを取り忘れてしまったようです。ので、細かいことは覚えていませんが、サントウィッチを2個、菓子パン2個買って、合計1300円位でした。

また、パン2個を追加でプレゼントしてくれたので気分上々となりました。お店が閉まるタイミングで精算したからなのか、またはオープン記念品だったのか理由はわかりません。

オーバカナル ラスールのパン

サンドイッチは少々お高めだけど、パンの歯ごたえがよく美味しい商品でした。

1つはヴィエノワサンド(410円)といいソフトサラミとゆで卵入り。もう1つはカスクルート・ジャンボンフロマージュ(450円)。

オーバカナル ラスールのパン

ダノワーズ・パティシエール(245円)

デニッシュにカスタードクリームをたっぷりとのせて焼き上げた商品。要はクリームパンなんですが、こじゃれている。クリームはバニラの風味がします。

オーバカナル ラスールのパン

オマケパン。甘いのかしょっぱいのか、かじってみるまで未知でした。クリームチーズが入っていて塩味もあり、部分的にレーズンの甘みも感じられるパンでした。

オーバカナル ラスールのパン

もう1つのオマケパンはレーズンのデニッシュでした。パイ生地が渦巻になっているので外側から剥がすように食べてみました。レーズンは好き嫌いあると思いますが、私は平気。子供の頃は苦手でしたが。

隣はデザートにと思って選んだのがアプリコットのパンです。あんずも好き嫌いが分かれるところでしょうか。私は崎陽軒のシウマイ弁当に入っているのを食べているうちに好きになった感じです。

イートインについて

オーバカナル ラスール シァル横浜店

今回はテイクアウトしましたが、パン屋からレストランに抜けることができることから、イートインも可能だと思われます。ただ、細かいところは確認していません。新しい発見がありましたら、追記させていただきます。

基本情報

  • 名称:オーバカナル ラスール シァル横浜店
  • 住所: 神奈川県横浜市西区南幸1丁目1-1 JR横浜タワー B1F
  • URL:http://www.auxbacchanales.com/

Writing by: