1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

ガーリックジョーズみなとみらい【ランチ限定】にんにくが気にならないメニューが安心

投稿日: 2019年07月14日 ,
GARLIC JO'S クイーンズスクエア店

横浜・みなとみらい東急スクエアの中にある、にんにく専門店「ガーリックジョーズ」でランチしたのでメニューを紹介します。ランチ限定でにんにくが気にならないメニューがあるので普段使いできます。

スポンサーリンク

ガーリックジョーズでランチ

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

私自身はにんにく大・大好きなんですが、周囲に配慮も必要な食材(笑)

やはり、にんにく料理専門店でのランチは厳しいかと思いつつガーリックジョーズの店頭を眺めてみたら、ランチ限定でにんにくが気にならないメニューも展開していることを発見。

今回ニンニクフリーなメニューにつられて入店してみました。

ランチは11:00~17:00と営業時間が長めなので利用がしやすいです。

ガーリックジョーズについて

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

ガーリックジョーズ(GARLIC JO’S)は、1993年に元町に開業したレストランです。

現在は、元町店・クイーンズスクエア店・テラスモール湘南店の3店舗を展開してます。

スポンサーリンク

ガーリックジョーズの店内

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

カラフルな壁紙がかわいい店内です。

平日の中途半端な時間に訪問したので、お客さんは数組ほどで空いていました。

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

壁画はところどころに横浜モチーフが描かれているのが楽しいポイント。

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

入口からは想像できなかったのですが、予想より広い店内。

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

118席と席数も多くあります。

ガーリックジョーズのランチメニュー

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

ガーリックジョーズならではのにんにく料理(5種)とにんにくを気にしないで楽しめる料理(10種)、両方用意されていますので、その時々で使い分けることができます。

にんにくたっぷり料理

  • オリジナルガーリックピザ(950円)
  • にんにく焼飯(950円)
  • JO’S風油淋鶏 中華風ニンニクソース(1,000円)
  • ガーリックチキンステーキ(1,000円)
  • ガーリックステーキ(1,550円)

【ランチ限定】にんにくを気にせず楽しめるメニュー

  • 海老と豚肉のバッタイ(1,050円)
  • フレッシュバジルとモッツァレラのトマトソース(900円)
  • エビのトマトクリームソース(900円)
  • ケイジャンスパイシーチキン(900円)
  • ビーフステーキ(1,450円)
  • ローストビーフ丼(900円)
  • 土鍋ハンバーグ(1,100円)
  • 野菜たっぷり!黒カレー(1,000円)
  • ガパオライスJO’S風(1,000円)
  • ケイジャンジャンパラヤ(1,000円)

ガーリックジョーズでオーダーしたもの

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

ランチについてくる日替わりスープ。訪問時はオニオングラタンスープでした。

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

ランチについてくるソフトドリンクです。

アイスウーロン茶・アイスコーヒー・コーラ・ジンジャーエール・ホットコーヒーから選ぶことができます。

フレッシュバジルとモッツァレラのトマトソース(900円)

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

にんにくを気にせず楽しめるメニューから選びました。

食べてみると、断言はできませんが少しにんにくが効いている?風味に感じられました。もしかすると、メニューによっては完全なニンニクフリーではなく、普通の料理に使用される程度には入っているのかも。

味としては普通に美味しく、自分としてはどちらでもOKだったので確認してはいません。心配な方は注文時に確認をとったほうが良いかも。

ローストビーフ丼(900円)

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

にんにくを気にせず楽しめるメニューから選びました。

ローストビーフ丼は全くにんにくを感じないノーマルな一品でした。

お店の人気ナンバーワンメニューだそうです。

最後に

ガーリックジョーズ クイーンズスクエア店

ガーリックジョーズはにんにく専門店なので、「今日はにんにく!」という時以外行っちゃいけない店かと思っておりましたが、意外と普段使いできる店であることがわかりました。

ランチは夕方5時までやってるし、値段も1,000円以下が揃っているので、食事で迷ったときなど候補に入れやすい店舗かと思います。

基本情報

Writing by: