1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店のラーメンが旨味凝縮でハマる味だった!野毛本店の2号店


淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

イオン天王町ショッピングセンター3階フードコート内のラーメン店が美味しかったのでメニューや味の紹介をします。「淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)」というお店で、野毛に本店があり、その2号店がイオン天王町に出店しています。

スポンサーリンク

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)は、2022年10月18日(火)にオープンしたイオン天王町ショッピングセンター3階フードコート「かるがもキッチン」内にあるラーメン店舗です。

そういえば、野毛大通りに人目を引く感じの綺麗なラーメン店があり、ちょっと気になっていたのですが、その店舗がまさに淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)本店で、イオン天王町のフードコートに2号店が出店したようです。

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

メニューはスープの種類で大別されていて、「鴨×鶏スープ」「煮干しスープ」「魚介豚骨スープ」があり、それぞれに醤油らーめん、塩らーめんのバリエーションがある感じのラインナップ。スープによってはつけ麺も展開。

一番人気は「鴨×鶏 淡麗醤油らーめん(800円)」となっていました。

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

受け取り口には電動黒胡椒ミルが置いてあって、使うのちょっと楽しい。

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

フードコート「かるがもキッチン」は広めの作りになっていて、手元にあるショッピングガイドによると、席数は494席あります。

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

私が気に入っているのは屋外のテラス席。換気抜群の安心感があります。

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

注文したのは、「鴨×鶏 淡麗塩らーめん(800円)」と「なめらか豚ロースのチャーシュー丼(350円)」。チャーシュー丼はタレが2種類から選ぶことができました。

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

それと「鴨×鶏 淡麗醤油らーめん(800円)」です。塩と醤油の違いは見た目はスープの色で判別できます。

標準で乗っている、どんぶりを8割くらい覆っている大きなチャーシューが目を引き、その下にチラ見えしている麺にもワクワクする感じ。

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

ラーメンのどんぶりは鉢のような形で、気軽に食べやすい量だと思われます。

淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店

私が食べたのは醤油らーめんのほうですが、スープの出汁が味わい深く上品なスープ。麺はちぢれていない真っすぐな麺で、見た目が蕎麦っぽいのですが、食べてみたらちゃんと?ラーメンでした。

食べだしたら止まらない勢いで、私の中では異例の速さで完食でした。旨味しっかりでそれでいて油っぽさや重さを感じないので、女性の方やガツンとしたラーメンが苦手な方でもサラッと食べられるのではないかと思います。

関連記事

基本情報

  • 名称:淡麗拉麺 己巳(つちのとみ)イオン天王町店
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区川辺町3-5
  • URL:https://www.tsuchinotomi.com/

Writing by: