1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

もうやんカレーは個性的な味?横浜アソビルで食べてみた

投稿日: 2019年07月08日 ,
もうやんカレー横浜アソビル店

横浜駅東口のアソビル内にある「もうやんカレー」でランチしてみました。メニューと店舗の様子、食事した感想をお伝えします。

スポンサーリンク

もうやんカレーについて

もうやんカレー横浜アソビル店

2019年3月31日に横浜のアソビル内にオープンした店舗にて。

もうやんカレー初体験です。

自分は知りませんでしたが、都内では有名で複数店舗を展開している有名カレー屋さんということです。

公式サイトを見ると、店内の独特な手書き文字は創業者の字体であるらしい。また、体に良い食べ物を追求していったら、カレーっぽい食べ物にたどり着いたとの逸話が。

創業者 辻 智太郎 がスポーツトレーナー時代に体に良い食べ物はなんだろう? と日々研究と人体実験を重ねた結果、大量のいろいろ野菜のごった煮のスパイス味にたどり着きました。体調がすこぶる良いので2年間毎日食べ続け、改良を重ねていったら、カレーっぽい食べ物にたどり着いたという偶然の産物であります。さらに改良を重ね現在に至っております。

引用元:もうやんカレー公式サイト

もうやんカレー横浜の店内

もうやんカレー横浜アソビル店

セルフサービスのルイボスティーが飲み放題。

もうやんカレー横浜アソビル店

スモークたくあんと玉ねぎらっきょが食べ放題。じゃがいもは2個まで取って良いとのことです。

もうやんカレー横浜アソビル店

テーブルには塩と抗酸化作用がある漢方スパイスが置いてありました。

スポンサーリンク

もうやんカレーのメニュー

もうやんカレー横浜アソビル店

カレーの種類は6種類あり、

  • もうやんカレー950円
  • チキンカレー900円
  • ポークカレー900円
  • ビーフカレー1000円
  • エビカレー900円
  • チーズカレー900円

辛さは5段階から選べます。

ライスとカレーの大盛が+150円、チーズトッピングが+200円の追加料金です。

もうやんカレーソースの特徴

店頭ポスターによると、もうやんカレーソースのおもな特徴は以下の通り。

  • 完成まで2週間かかる
  • 100gで90カロリーの低カロリー
  • 通常の欧風カレーの野菜3倍
  • グルテンフリーの化学調味料無添加の漢方、薬膳のスパイスを使う

翌日のお通じ効果も期待できるとのことでした。

もうやんカレーで注文したもの

もうやんカレー横浜アソビル店

お店のイチオシ「もうやんカレー(950円)」にしてみました。牛肉、豚バラ肉、西新宿式タンドリーチキンの3種類の肉を一皿で楽しむことができるメニューです。

提供されたものは、どういうわけか熱々ではなく温度がぬるめでした。私としては、お店で食べるラーメンとカレーは熱々じゃないとテンションが下がります(笑)

味の方は、甘みがあり濃厚。ほんの少しのカレーソースで沢山のライスを食べれちゃう感じでした。あいにく私の口には合いませんでしたが、薬膳料理と思って完食。

最後に

もしかすると好き嫌いの分かれる味かもしれません。でも、複数店舗を展開している実績のあるカレー屋さんなので、ファンが多いのでしょう。独特のポテンシャルを秘めたもうやんカレーにハマり、店舗に通い詰めている方もいらっしゃるようです。

また、都内の方ではランチブッフェしている店舗があるみたいですが、もうやんカレーの横浜店ではランチブッフェの開催はしていませんでした。オープンスペースの小規模な店舗なので、物理的に無理なのかもしれません。

基本情報

訪問:2019/04

Writing by: