1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

サンクトガーレン2023年バレンタイン限定「チョコレートビール」販売!飲むビターチョコレートケーキ?

チョコレートビール

神奈川県厚木市の地ビールメーカー「サンクトガーレン」は2023年1月13日(金)より、バレンタイン向けのチョコレート風味ビール、通称“チョコレートビール(チョコビール)”4種類を発売します。

スポンサーリンク

チョコレートビールについて

通称“チョコレートビール(チョコビール)”ですが、お菓子のチョコレートを使った甘いビールではありません。ビールの原料だけでチョコレート風味を引き出したビールです。

通常のビールに使うベース麦芽は約85度で焙煎していますが、チョコレートビールに使う麦芽は約160度の高温で焙煎。ベース麦芽が焦げる寸前で、色はダークな茶色。かじるとほろ苦いビターチョコのような風味がするため“チョコレート麦芽”と呼ばれています。

このチョコレート麦芽でダークな色、カカオのような香ばしい香り、ビターチョコや思わすほろ苦さを引き出したのがチョコレートビール(チョコビール)です。

​今回は、発売18年目となる「インペリアルチョコレートスタウト」をはじめ、オレンジ、バニラ、そしてナッツの女王と言われるピスタチオ100kgを使用した「ピスタチオチョコレートスタウト」が2023年限定で登場。4種類のフレーバーで一斉発売します(瓶容量はいずれも330ml)。

■インペリアルチョコレートスタウト…715円(税込)
2006年より毎年バレンタインシーズン限定で販売している“チョコレートビール”の代名詞的存在。通常の黒ビールの約3倍の材料を使用している超特濃黒ビール。泡はシェイクのように固く真っ黒で「まるで飲むビターチョコレートケーキ」といわれています。アルコールが9%と高く、ワインのように2年間熟成が可能です。

■ピスタチオチョコレートスタウト…605円(税込)
栄養価が高くナッツの女王と呼ばれるピスタチオのペーストを、麦芽量の10%にあたる100kg使用。 ピスタチオの産地は雨の少ない砂漠で育ち濃縮したコクと甘みがあるイラン産のものを選択。 ベースのビールにはタンパク質が多いオーツ麦を一部使用。それがピスタチオのオイリー感と相まって、とろりと滑らかな飲み口です(アルコール6.5%)。

■オレンジチョコレートスタウト…605円(税込)
オレンジピールにチョコレートをコーティングしたお菓子“オランジェ”をイメージしたビールです。マーマレードの原料 、橙オレンジを皮ごと細かく刻み、ジャムをつくるように長時間煮込んで風味を凝縮。それをビールのもとになる麦汁に合わせて発酵させました。使用している橙は神奈川産のものです。オレンジの皮も実も丸ごと使用しているため、マーマレードのような柑橘の皮の苦味が後味に残ります(アルコール6.5%)。

■スイートバニラスタウト バレンタインラベル…506円(税込)
エスプレッソのように濃厚な黒ビールにバニラの香りを溶け込ませました。エッセンスなどの人工物は添加せず、一流パティシエも使用する パプアニューギニア産のAグレードバニラを使用。飲み口は甘くまったりで、後口はバニラチョコのようです(アルコール6.5%)。
※このビールのみ通年で販売。1月13日よりバレンタインラベルで本数限定発売

販売概要

■発売日:
2023年1月13日(金)

■チョコレートビール<瓶>販売店:
京王百貨店 新宿店/東急百貨店 吉祥寺店/高島屋 横浜店・京都店/カクヤス 一部店舗/公式サイト通販 ほか
※1月13日の発売日より遅れて店頭に並ぶ場合があります。
※今後バレンタインに向けて販売店は増えるため、随時公式サイトで公開。
※各店の入荷分には限りがあります。

Writing by: