1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

「パールレディ茶バー」横浜マルイのタピオカ店は営業時間ギリでも行列の人気店

投稿日: 2019年06月23日
茶バー横浜

横浜駅東口のマルイシティ横浜地下2階にある「PEARL LADY 茶BAR」はお茶とタピオカドリンクの専門店です。営業時間が終わる間際まで行列の人気ぶり。岩塩クリームほうじ茶ラテ、霧抹茶ミルクを試してみたのでメニューを紹介します。

スポンサーリンク

パールレディ茶BARとは

PEARL LADY 茶BAR(横浜マルイ)

最初、「パールレディ」と「茶BAR」どっちがメインの店名なんだろ?と思ったのですが、元々パールレディというタピオカ専門店があり(横浜だとビブレにある)、同じ会社の姉妹ブランドとして「パールレディ茶BAR」が展開されています。

こちらは台湾のブランドではなく日本生まれのタピオカ専門店。自家製の生タピオカとお茶に特化したラインナップが特徴。 台湾直輸入の高品質茶葉のみならず日本のお茶にもこだわっています。

パールレディ茶BARの場所と営業時間

PEARL LADY 茶BAR(横浜マルイ)

パールレディ茶BAR横浜マルイ店がオープンしたのは2019年3月27日です。

場所は横浜駅東口マルイシティ横浜の地下2階、正面入り口付近。地下街のポルタ直結のフロアなのでアクセスしやすいです。

営業時間はマルイシティ横浜の館と同じ。10:30~20:30となります。

通りかかるといつも行列になっているこの店舗、訪問時は閉店15分前でしたが相変わらずの行列。日中に並ぶよりかは落ち着いているのかもしれませんが。

スポンサーリンク

パールレディ茶BAR~注文まで

PEARL LADY 茶BAR(横浜マルイ)

ドリンクスタンドタイプの店舗で、メニュー表の掲載やメニューブックがある一角があります。列に並びながらメニューを眺めつつどれにしようかじっくり考えます。かなり迷う。

PEARL LADY 茶BAR(横浜マルイ)

タピオカドリンクのサンプルが綺麗にディスプレイされているので、こちらもメニュー選びの参考になります。

PEARL LADY 茶BAR(横浜マルイ)

こちらが注文口です。店内イートインコーナーはありません。マルイの店舗入り口近く、円柱周りがベンチになっていますので、座って飲みたい場合は利用できます。

パールレディ茶BARのメニュー

PEARL LADY 茶BAR(横浜マルイ)

  • 岩塩クリーム茶(ストレート茶ベース3種)
  • 岩塩クリーム茶(茶ラテベース4種)
  • 茶ラテ(6種)
  • 霧抹茶ミルク(4種)
  • 霧ほうじ茶ミルク(4種)
  • フルーツ泡茶(3種)
  • ストレート泡茶(3種)
  • 茶フラッペ(5種)

メニューの種類×お茶の種類が豊富です。

例えば、ほうじ茶のタピオカドリンクの種類にしても・・・

  • クリームほうじ茶ラテ
  • ほうじ茶ラテ
  • 霧ほうじ茶ミルク(薄霧)
  • 霧ほうじ茶ミルク(濃霧)
  • クリーム霧ほうじ茶ミルク(薄霧)
  • クリーム霧ほうじ茶ミルク(濃霧)
  • ほうじ茶ミルクフラッペ

と、7種類もあるんです。

PEARL LADY 茶BAR(横浜マルイ)

注文方法としては、他のタピオカドリンク店と似たような感じで、お茶の甘さや氷の量を選ぶことができます。また、ドリンクはホットも可能。1つ選べる無料トッピングが4種類(大粒タピオカ・黒糖タピオカ・コラーゲン入りゼリー・ナタデココ)用意されています。

茶バーでオーダーしたもの

PEARL LADY 茶BAR(横浜マルイ)

霧抹茶ミルク[濃霧]…400円

宇治抹茶と牛乳で作る濃さが選べる抹茶ミルクです。薄霧と濃霧(茶葉2倍)を選ぶことができます。無料で牛乳を豆乳に変更することも可能。

今回は濃霧、牛乳で作ってもらいました。味は飲みやすくてタピオカとの相性もなかなかでした。

クリームほうじ茶ラテ…420円

岩塩クリーム茶の一種です。

マスカルポーネチーズ入りの甘じょっぱいオリジナルの特製クリームが乗っています。最近チーズクリーム入りタイプのタピオカが気になっており、今回初挑戦してみました。

最初はストローを通さないでクリームをすすり、そのあとは下のお茶だけ、最後に混ぜて飲むという3段階のお楽しみがあります。

岩塩クリームはくどくなくて、ほうじ茶ラテを邪魔しない味わいでした。

基本情報

  • 名称:PEARL LADY 茶BAR
  • 住所:横浜市西区高島2-19-12 マルイシティ横浜 B2F
  • 営業時間:10:30~20:30
  • URL:http://www.pearllady.jp/chabar/

訪問:2019/06

Writing by: