1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

そごう横浜店「秋の大九州 味と技めぐり」開催!九州グルメ約82店舗が集結、ラーメンやかき氷も

秋の大九州 味と技めぐり

そごう横浜店(横浜駅東口)では、「秋の大九州 味と技めぐり」を2022年10月26日(水)より、開催。今年は会期を拡大し、13日間にパワーアップ。会期前半は食品と工芸品、会期後半は食品のみを出品し、合わせて約82店舗が集結します。

スポンサーリンク

秋の大九州 味と技めぐり(商品一例)

今回は、九州の海の幸、山の幸を味わえるお弁当類や定番のお土産のほか、九州発掘グルメの数々をラインアップ。 イートインコーナーでは3年ぶりに「ラーメン・ちゃんぽん」が復活します。また、季節を問わず人気のかき氷もイートインコーナーで味わえます。

■〔大分〕寿司割烹 おおむろ〈通期・実演〉
うにとあわびの贅沢丼(1杯)2,700円 ※各日限定70杯
うにの炊き込みご飯「うにめし」の上に、うに・いくら・あわびをのせた一杯。

■[福岡]博多すいとうと〈通期・実演〉
ごまさばのわっぱ飯(1折)1,431円
真さばを甘口のごま醤油で漬け込み、風味豊かなゴマと青ねぎをのせました。

■初登場[長崎]海産工房 梅のや〈後半・実演〉
長崎県産さば寿司と炙りさば寿司(1折)1,691円

■[宮崎]チキン南蛮専門店 金の皿〈前半・実演〉
チキン南蛮と鶏炭火焼の弁当(1折)1,296円

■[佐賀]カイロ堂〈通期・実演〉
佐賀牛赤身ステーキ弁当(1折)2,268円

■[鹿児島]ゆうしょく亭〈後半・実演〉
さつまのお肉食べ比べ弁当(1折)1,998円 ※各日限定50折
※そごう横浜店限定販売

■初登場[長崎]岩崎本舗〈通期・実演〉
長崎角煮まんじゅう(1個)451円(5個入、1袋、冷凍)2,251円
じっくり煮込んだ豚の角煮をふわっとした生地に挟みました。

■[福岡]博多とりかわ大臣〈通期〉
博多とりかわ(たれ・塩、10本入、1パック)各1,674円
(たれ・塩、各10本、計20本入 1パック、冷凍)3,456円
外はカリッ、中身はジューシーな鶏皮とは思えないとりかわ。
※会期前半は実演・冷凍販売、後半は冷凍販売のみとなります。

■[熊本]黒川温泉 パティスリー麓〈前半・実演〉
熊本県産和栗のしぼりたてモンブラン(1個)1,836円
栗の香りが広がる搾りたてのペーストと、上品な甘さのメレンゲが好相性

■初登場[鹿児島]キイロとキイロ〈後半〉
バスク芋チーズケーキ(約直径12.0×高さ3.0cm、1台)2,001円
鹿児島県産紅はるかの焼き芋ペーストを使用。

■初登場[宮崎]低糖質専門店BLUE OWL〈通期〉
低糖質ナッツ最中バターサンド「モナサンド」(6種、1個)各432円
※各日限定各50個

■[福岡]味の明太子 ふくや〈通期・実演〉
明太キッシュ(1個)301円
明太子とクリームチーズを使った、ピリ辛でクリーミーなグラタン風キッシュ。

■[鹿児島]天文館むじゃき〈前半・イートイン〉
ホワイトベアー(1杯)880円 ※各日限定50杯
フルーツや寒天入りのかき氷。

■初登場[福岡]果実堂〈後半・イートイン〉
あまおうかき氷(1杯)801円 ※各日限定50杯
あまおうを使用したとろりとしたソースがふわふわの氷と相性抜群。

■初登場[福岡]博多辛麺 狛虎〈前半・イートイン〉
炙りもつ みそ辛麺(小辛、1杯)1,481円 ※各日限定100杯
辛さと鶏・豚・牛の旨みがクセになるスープに、炙りもつを合わせた旨辛ラーメン。

■初登場[福岡]金田家〈前半・イートイン〉
スペシャルらーめん(1杯)1,210円 ※各日限定50杯
※そごう横浜店限定販売
黒豚のとんこつを炊き上げたスープに、2種類のチャーシューをトッピング。

■初登場[熊本]熊本ラーメン専門店 黒亭〈後半・イートイン〉
肉盛りラーメン(1杯)1,320円
※そごう横浜店限定販売
焦がしにんにく香るとんこつラーメンに、チャーシューと豚そぼろをトッピング。

■[長崎]中華料理 王鶴〈後半・イートイン〉
特製海鮮ちゃんぽん(1杯)1,760円 ※各日限定50杯
創業65年の中華料理店が作るちゃんぽん。コクがありながら、後味さっぱり。

開催概要

■会期:
2022年10月26日(水)~11月7日(月)
前半:10月26日(水)~11月1日(火)…食品・工芸品
後半:11月2日(水)~7日(月)…食品のみ
※11月1日(火)、11月7日(月)は午後5時閉場
※イートインコーナーのラストオーダーは各日閉場の1時間前まで

■会場:
そごう横浜店 8階=催会場

※写真はイメージです。提供時の器とは異なります。
※表示価格は税込価格です。
※九州各県・沖縄県産以外の原材料を使用している商品もあります。

基本情報

Writing by: