1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

ダイゴミバーガー食べてきた!メニューと値段を解説&正直な感想

更新日: 2019年04月04日
ダイゴミバーガー

横浜駅東口のアソビル内にあるチーズバーガー専門店「ダイゴミバーガー」に行ってきました。ラクレットチーズが売りのお店。気になるメニューと値段、店舗の様子、実際に食べてみての感想をお伝えします。※追記あり。

スポンサーリンク

ダイゴミバーガーの店舗について

ダイゴミバーガー アソビル店

ダイゴミバーガーは南青山・池袋で予約の取れないチーズレストラン「DAIDOMI」による新業態のチーズバーガー専門店ということです。

ダイゴミバーガー アソビル店

場所はアソビルの1階、川側の入口脇にあります。そのため、順番待ちになる場合は、3番目くらいから屋外で待つことになります。

カウンター

ダイゴミバーガー アソビル店

ダイゴミバーガー アソビル店

チーズをモチーフにした内装が目を引きます。

ダイゴミバーガー アソビル店

実際にハンバーガーに使用されるラクレットチーズが置かれています。

飲食スペース

ダイゴミバーガー アソビル店

店内には自転車が展示されていたりと、

ダイゴミバーガー アソビル店

オシャレな空間になっています。

ダイゴミバーガーのメニューと値段を解説!

列に並び順番が近くなると、店員さんがメニューを出して説明をしてくれました。

セットメニュー

ダイゴミバーガー アソビル店

ハンバーガーのメニューはシンプルです。

  • チーズバーガーセット(1,550円+税)
  • ローストビーフチーズバーガーセット(1,850円+税)

セットメニューにはポテトがついており、ドリンクは好みのモノをチョイス。★印のドリンクは追加料金になるとのこと。

また、話題になっているラクレットチーズのトッピングは追加料金メニューとなります。

  • 焦しチーズチップス(追加料金600円+税)
  • NYCラクレットチーズフォール(追加料金800円+税)

グランドメニュー

ダイゴミバーガー アソビル店

グアランドメニューというのもあり、こちらはハンバーガーやドリンクの単品やサイドメニューなどが掲載されています。

  • チーズバーガー(1,100円+税)
  • ローストビーフチーズバーガー(1,400円+税)
  • ダイゴミブレンドコーヒー(T:450円+税/G:600円+税)など

スポンサーリンク

ダイゴミバーガーで注文したもの

ダイゴミバーガー アソビル店

ローストビーフチーズバーガーが売り切れており、選択肢はチーズバーガーしかありませんでした。チーズバーガーのセット&ラクレットチーズ追加&コーヒー単品の注文です。

会計後レジ横で待機していると、半完成品のチーズバーガーが提供されます。

ダイゴミバーガー アソビル店

その後、目の前でラクレットチーズをかけ流してくれます。滝っぽく流れるので、見ているのは楽しく映える感じです。

実食してみた!感想など

ダイゴミバーガー アソビル店

お値段がお値段なので、自分の中でアメリカンサイズのグルメバーガーを想像。2名でシェアという算段で、1名はドリンクだけの注文にしたのですが、失敗でした。

ダイゴミバーガー アソビル店

ハンバーガーはやや小ぶり、ポテトの量も多くはないで、女性が食べやすいサイズ感。シェア向きではないかと思います。隣席の客は満腹にならなかったのか「これから崎陽軒BARに行こう」とか会話しているのが聞こえてきてしまいました。

周囲を観察すると、自分たち同様ハンバーガーにラクレットチーズをトッピングしている人が圧倒的に多いように思いました。見た目は楽しく味は普通に美味しかったですが、お値段としては強気かもしれません。

【追記】2019年4月3日現在のダイゴミバーガー

ダイゴミバーガー アソビル店

最近ダイゴミバーガーの前を通りかかるとシャッターが下りていたりします。

ダイゴミバーガー アソビル店

ランチタイムとディナータイムに営業しており、休業している時間帯があります。これから行かれる方はお気お付けください。

ダイゴミバーガー アソビル店

ダイゴミバーガー アソビル店

お店の壁に貼ってあるメニュー表を撮影しました。

基本情報

Writing by: