1. TOP
  2. スポット
  3. 現在のページ

アソビルが横浜駅東口にオープンしたので行ってきた!見所や混雑状況

更新日: 2019年03月17日
アソビル

2019年3月15日、横浜駅直通エンタメビル「アソビル」がオープンしました。横浜東口にある建物の場所、レストランの様子、エンタメ施設の混雑状況や料金、屋上の様子などをフロア別に解説します。

スポンサーリンク

アソビルの場所

高島町側の入口

アソビル

アソビルは横浜中央郵便局別館をリノベーションしてできた施設です。

高島町側の入口(裏口かな?)は万里橋近くの川沿いにあります。建物自体奥まった場所にあるので、オープン間近になるまでどこにあるのかわかりませんでした。

アソビル

アソビル敷地内です。館内通り抜けて横浜駅まで行くことができます。

アソビル

高島町側の入口から入るとすぐレストランフロアになります。

屋外にある木の囲いの中に喫煙スペースがありました。また、敷地内に駐車場や駐輪場はないのでアクセスの際はご注意ください。

駅側の入口について

アソビル

横浜駅東口付近。

横浜中央郵便局に大きく案内が出ていました。

アソビル

横浜駅みなみ東口の連絡通路を進んでいくと。。。

アソビル

プレオープン期間に撮影した入口

途中でボコっと入口が現れます。

オープンの日はこの場所でスタッフの方がチラシをもって呼び込みをしていました。

アソビルをフロア別に解説します

アソビル

アソビルの建物は地下1階から地上4階まで。それと屋上に施設があります。

【B1F】PITCH CLUB

アソビル

大人向けに、アミューズメントバーラウンジが用意されています。現在はプレオープン中で4月5日に開業予定とのこと。

訪問時は営業時間外で中を覗くことはできませんでした。

【1F】POST STREET

受付

アソビル

総合受付は館内散策やレストラン利用の場合で特に立ち寄る必要はありませんが、2階にある各エンタメ施設のチケット購入は2階ではなくこちらの1階受付となります。

また、近くには広いベビーカー置き場があります。

レストランフロア

アソビル

レストランは18の区画がありますが、まだオープンしていない店舗が複数あり、全部は出そろっていませんでした。

アソビル

以下、店舗の一部を紹介します。

アソビル

崎陽軒 横浜駅東口シウマイBAR店

関連記事

崎陽軒シウマイBAR(横浜駅東口アソビル)で熱々シウマイ!ほろ酔い楽し

アソビル

Spinx

アソビル

ラーメン壱六家

アソビル

女性でも食べやすい横浜家系ラーメンでした

アソビル

韓兵衛 横浜東口店

アソビル

野毛焼きそばセンターまるき横浜店

アソビル

立ち食い鮨 鈴な凜

アソビル

肉寿司の牛衛門

アソビル

DUMBO Doughnuts and Coffee アソビル店

麻布十番に本店を構える人気店が横浜に初進出ということです。

アソビル

GAIGOMI BURGER

南青山・池袋で予約が取れないチーズレストラン「DAIGOMI」による新業態のチーズバーガー専門店ということです。

関連記事

ダイゴミバーガー食べてきた!メニューと値段を解説&正直な感想

【2階】ALE-BOX

アソビル

VR、脱出ゲームなどのエンタメ体験ができるフロア。内容は期間限定で随時更新されます。体験する場合はそれぞれチケットを購入の上参加します。

館内に料金一覧表の掲示はなく、当日券は受付で料金確認の上購入する形になります。また、公式サイトで料金確認と予約ができます。混雑による満席を避けたい方は予約したほうがよいでしょう。

公式サイト

https://ale-box.com/

横浜ヒミツキチオブスクラップ

アソビル

アソビル

横浜ヒミツキチオブスクラップは常設型リアル脱出スペースです。現在オープニングコンテンツとして2種類の脱出ゲームが開催されています。

オープン日は、満席となっている時間帯が多くあり、人気が伺えました。

うんこミュージアムYOKOHAMA

アソビル

見たところ一番人気のようでしたので、当日券を購入して実際に体験してみました。

※体験談は別の記事にまとめます。

関連記事

アソビル「うんこミュージアム」行ってきた~オープン当日の混雑状況など

THE STORY HOTEL

最大2名の個室空間で、感覚を研ぎすましながらショートフィルムを楽しむ体験型のエンタメです。

えんとつ町のプペルVR

キングコング西野亮廣さん著書『えんとつ町のプペル』がVR体験となって登場

【3F】MONOTORY

3階はハンドメイド体験ができるフロアです。

ラウンジ

アソビル

館内、1階のレストランフロア以外で休憩できる場所となっています。

アソビル

近くのカウンターで飲み物が販売されていました。

販売コーナー

アソビル

書籍や造花、雑貨、手芸グッズ等販売されています。

ハンドメイド体験コーナー

アソビル

カルチャーセンターのような場所でしょうか。

ブースは大部屋のほか小さな部屋もあり、陶芸をしている人もいました。

基本的に予約制のようですが、当日体験できるプログラムというのもあるそうです。まだ準備中の雰囲気で流行るのかは未知数でした。

公式サイト

https://monotory.me/

【4階】PuChu

アソビル

子どもたちの遊び場です。

5月開業予定で、立ち入ることはできませんでした。

【屋上】MULTI SPORTS COURT

アソビル

屋上の入口です。

アソビル

よくあるビルの上って感じです。

アソビル

バスケットコート、フットサルコート、かけっこできる直線のコーナーがあります。

スポンサーリンク

混雑状況・感想など

アソビル

金曜日のオープンでしたがそれなりに混雑しており、週末はさらなる混雑が予想されます。

訪問時はTVカメラのクルーも来ており、テレ東の某アナウンサーさんを拝見しました。

元郵便局の建物ということで、エスカレーターはありません。上下移動はエレベーターと階段を利用できますが、階段は横幅が少し狭いです。混雑しているときはそのあたりがちょっとツラいかも。

今回一通りのぞいてみましたが、レストランやエンタメ施設などまだ体験しきれていないので、また来ようと思います。

アソビルの映えスポット

アソビル館内思わず写真を撮りたくなるスポットが多くありました。

以下に掲載しておきます。

アソビル

アソビル

アソビル

アソビル

アソビル

アソビル

アソビル

基本情報

  • 名称:アソビル
  • 住所:神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル
  • URL:https://asobuild.com/

Writing by