1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

横浜赤レンガ倉庫20周年企画「FLOWER GARDEN 2022」開催!直径4mのサンリオガーデンが出現

FLOWER GARDEN 2022

横浜赤レンガ倉庫は、2022年3月31日から4月24日までの計25日間、“BRIGHT”をテーマに、 明るく鮮やかな花々が横浜港を彩る「FLOWER GARDEN 2022」を開催します。約20種類23,000鉢の花々が彩る、未来にむけたサステナブル企画も新たに開始します。

スポンサーリンク

FLOWER GARDEN 2022

横浜赤レンガ倉庫は2002年に文化・商業施設としてオープンしてから2022年で20周年を迎えます。そして2007年に開業5周年を機にスタートしたイベント「FLOWER GARDEN(フラワーガーデン)」は、16回目の開催となります。  

今年のテーマは“BRIGHT”です。閉塞した日々が続く中でも、横浜港を臨む開放的な空間と色とりどりの草花を通じて、晴れやかな明るい気分になってほしい、未来が明るく開けたものになってほしいという想いから設定されました。

ペチュニアやネモフィラ、マリーゴールドなど約20種類23,000鉢の明るく鮮やかな春の花が、華やかな空間を演出します。

ガーデンは、花で「円」を描いたようなレイアウトになっています。「円」は「サステナブル・循環のカタチ」「人と人を繋ぐ輪」「明るい未来へ繋いでいく」を意味しています。

ガーデンの一部には、初めてサステナブルをテーマにしたエリアを設置。

廃自動車や廃タイヤを花でディスプレイしたエリアや、履けなくなったジーンズに土を詰めて花を植え込んだジーンズディスプレイ、古木材を利用したテラス風ガーデンなど、廃材やスクラップに新たな命を吹き込むことで、資材の循環利用を推進します。

また最終日には、「FLOWER GARDEN」の一部エリアの花を来場客に無料で配布するイベントも実施します。

横浜赤レンガ倉庫1号館内で開催予定のサンリオ展とのコラボレーションも決定。セーラールックに身を包んだ横浜限定デザインのハローキティを色とりどりの花で描いた、直径4mの「サンリオガーデン」が設置されます。

また海側に広がる赤レンガパークには、「FLOWER GARDEN」としては初めてのドッグランを期間限定で設置。ベイエリアを一望できる開放的な空間で、春の訪れを感じながら思う存分ワンちゃんが駆け回ることができます。

会場には軽食などを楽しめるキッチンカーや、日にち限定のフラワーショップも登場します。

関連記事 昨年の様子

「FLOWER GARDEN 2022」開催概要

 ※開催内容は予告なく変更になる場合があります。

■期間:
2022年3月31日(木)~4月24日(日) 計25日間
※ライトアップ 17:30~20:00(イベント最終日のみ~18:00)
※ドッグラン設置は4月19日(火)~24日(日)

■入場料:
無料(飲食・物販代は別途)

■場所:
横浜赤レンガ倉庫 イベント広場A、赤レンガパーク

■花の種類(予定)
ペチュニア(白、レッドモーン、ブルー、ローズピンク、サーモン、バーガンディ、赤)、アリッサム(白)、マリーゴールド(サファリ、オレンジ、イエロー)、ムルチコーレ、ワスレナグサ、ネモフィラ、デージー(ストロベリー&クリーム)、ダイアンサスオスカー、ミニバラなど

<サステナブルフラワーイベント>
イベント最終日「FLOWER GARDEN 2022」で使用したお花を希望者がお持ち帰りできます。
開催日時:2022年4月24日(日) 14:00〜16:00
料金:無料
場所:「FLOWER GARDEN 2022」会場内特設ブースにて受付

※「FLOWER GARDEN 2022」は、横浜市が同時期に開催している「ガーデンネックレス横浜2022」とも連携し、春の風物詩として花と緑あふれる横浜を一層盛り上げます。

基本情報

Writing by: