1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

横浜「三溪園」で12年ぶりの“紅葉ライトアップ”開催!秋限定メニューや遊歩道開放で風情満喫


三溪園「紅葉」

横浜市が誇る名勝庭園「三溪園」では、2021年11月26日~12月19日の期間、日本庭園の秋を愉しむ企画の第2弾として「紅葉」を開催します。12年ぶりに実施する紅葉ライトアップや、普段は立ち入ることのできない遊歩道の開放のほか、茶店の秋限定のメニューなどを提供します。

スポンサーリンク

三溪園の紅葉イベントについて

三溪園は、約17.5haの広大な敷地に、17棟の古建築が配置され、そのうち10棟が重要文化財に指定されています。創設者である原三溪(1868年〜1939年)の邸宅であった「内苑」と、開園当初から一般に公開されていた「外苑」とで構成され、そのどちらもが紅葉を楽しめるスポットとなっています。

■「紅葉」開催期間:
2021年11月26日(金)〜12月19日(日)

■入園料:
大人700円/小・中学生200円/横浜市内在住の65歳以上200円(濱ともカードの提示が必要)

■開園時間:
9:00~17:00(最終入園16:30)

早朝入園チケット発売

通常の開園時間より1時間早い8:00から入園できる特別チケットを用意。1日限定50名なので、混雑を避けてゆっくりと紅葉の観賞や撮影を楽しめます。

横浜三溪園

■期間:
2021年11月28(日)、12月3日(金)〜5日(日)、10日(金)〜12日(日)

■時間 :
8:00から入園可能

■料金 :
3,000円(各日50名限定)
※事前予約制
 https://sankeien-kouyou.peatix.com?utm_source=prtimes

紅葉の遊歩道開放

モミジの名所となっている内苑の「聴秋閣」奥の遊歩道を開放。通常は立ち入り禁止となっている渓谷沿いの道から三重塔を遠望する、古建築と紅葉が織りなす絶景が見どころです。

横浜三溪園

■期間:
2021年11月27日(土)〜12月19日(日)

■料金:
入園料のみ

紅葉ライトアップ

三溪園では12年ぶりとなる、紅葉のライトアップ。外苑と内苑のモミジや古建築を、約60灯のライトで照らし出します。

横浜三溪園

■期間:
2021年11月26日(金)〜28日(日)、12月3日(金)〜5日(日)、12月10日(金)〜12日(日)

■時間:
16:30〜20:00(最終入園19:30)

■料金:
入園料のみ
※17:00からは観覧範囲を一部制限します。
※ライトアップは日没30分前(16:30頃)から20:00まで開催。

茶店秋限定メニュー

園内の3つの茶店では、期間中秋限定の特別メニューも用意。

横浜三溪園

待春軒「きのこたっぷりうどん・そば」 900円

横浜三溪園

三溪園茶寮「秋のいろどり団子」 300円

横浜三溪園

雁ヶ音茶屋「栗入り汁粉」 700円

基本情報

Writing by: