1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

「FUTURESCAPE PROJECT 2021」横浜・象の鼻テラスが開催!アートの創造性を公共空間に

FUTURESCAPE PROJECT 2021

象の鼻テラス開館10周年記念・「フューチャースケープ・プロジェクト」(2019)象の鼻パーク Photo:Ryusuke Ohno(©︎Arts Commission Yokohama)

象の鼻テラス(横浜市中区)は、「ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT2021」を、2021年10月2日〜24日の期間で開催します。

アートの創造性を用いて公共空間の活用方法を模索する、社会実験プロジェクトの3回目となる今回のテーマは「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ」。コロナ禍の日常を創造的に生きるヒントが横浜に集う1ヶ月となります。

スポンサーリンク

「ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT2021」とは

「FUTURESCAPE PROJECT」は、アートの創造性を用いて公共空間の新しい使い方を提案する社会実験プロジェクトとして2019年に開始。

SDGs達成に貢献することも視野にいれ、「環境」「災害」「食」「健康」「教育」「花と緑」の6分野にフォーカスし、アーティスト・市民・企業など多様な主体と共に推進しています。

3回目となる今回のテーマは「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ」。コロナ禍の日常を創造的に楽しく生きるためのアイデアを、アーティスト・市民・企業がSDGs目標を視野に入れながら模索・実験します。

アイデアの集積にあたっては「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ12カ条」を設定し、招待アーティスト(髙橋匡太、金子未弥、スイッチ総研、中山晴奈、藤村憲之、YOKARO)による【アートプログラム】、市民や企業から募集する【公募プログラム】、そしてコロナ禍の公共空間を考える【サミット】を展開します。

ハローサンリク -東日本大震災から10年「ひかりの実」特別プログラム-

髙橋匡太《ひかりの実》Photo:Mito Murakami

招待アーティストの1人・髙橋匡太は、東日本大震災がきっかけで誕生した作品《ひかり の実》の特別プログラムを出展。

東日本大震災から10年となる今年、災害の記憶を風化させず、笑顔でいられることの尊さを忘れないために、《ハローサンリク》と題し、全国各地から東北に「笑顔」を届ける参加交流型アートプロジェクトを行うことに決定しました。

象の鼻テラスのほか、横浜市緑区、松山市道後地区、松戸市などで制作した《ひかりの実》 を、陸前高田市、南三陸町などに届け展示するほか現地でのワークショップも開催します。

その他の招待作家によるアートプログラム

《2点のinformation centerが与えられたとして、実在しない地点cを求めよ》(金子未弥)

電話越しの会話などを通じて、自分の記憶する都市の風景を絵に残し、誰かの記憶の風景を持ち帰る参加型作品。

《象の鼻スイッチ2021》《きくたびプロジェクト》(スイッチ総研)

スイッチが押される度にあちこちで現れては一瞬で去ってゆく演劇やパーク内を歩いたり小船に乗りながら体験する音声作品。

《拡張ニュー屋台》(中山晴奈)

”屋台”を都市の台所の拡張であり家事を共有する文化ととらえ、生活や社会の悩みや喜びを仮想の屋台に仕立て共有する実験。

《光ある航海》(藤村憲之)

「街の空間での人と人との思いがけない出会い」をテーマに活動するアーティストによるクルーズとイルミネーション作品を一体化させた体験型プログラム。

《NARIWAI in 象の鼻》(YOKARO)

子ども取材班が生業=ナリワイを持つ大人に取材して「仕事」や「お金」について考える企画。象の鼻テラスゆかりのゲストへの公開取材も行います。

「ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT 2021」開催概要

■イベント名:
ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT 2021

■2021テーマ:
NEW — NORMAL/CREATIVE — LIFE ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ラ イフ

■会期:
2021年10月2日(土)~10月24日(日)

■公募プログラムコア期間:
2021年10月2日(土)・3日(日)

■時間:
(平日・日曜)10:00〜18:00
(金・土曜) 10:00〜20:00

■会場:
象の鼻テラス、象の鼻パーク、日本大通り駅三塔広場、オンライン

■特設サイト:
https://fsp.zounohana.jp

※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、プログラムの内容を一部変更する可能性があります。

基本情報

Writing by: