1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

パリヤ(横浜みなとみらい)でランチ!メニューや料金について

更新日: 2017年12月21日

横浜みなとみらいのグランドセントラルタワー(MMテラス)にある「パリヤ(PARIYA)」でランチしたので、メニューや料金、オーダーの仕方などについて解説します。

パリヤのメニューは週替わりで、ご飯とデリカテッセン(お惣菜)を組み合わせて、自分好みの定食を作ることができます。

スポンサーリンク

パリヤでランチをオーダーしてみた

パリヤのメニューと料金など

パリヤ(横浜みなとみらい)

パリヤの店頭に案内版が出ています。

パリヤ(横浜みなとみらい)

セットは、3種類あるご飯から1つ選択します。

イートインの料金は以下の通り。

(イートインのほかに、テイクアウトとデリバリーに対応していて料金が異なります。)

  • 白米セット(1,100円)
  • 玄米セット(1,150円)
  • 週替わりご飯セット(1,150円~)

イートインの場合は、上記の値段でスープがついてきます。

また、ランチタイムには、ドリンクバーがついているのでお得です

パリヤのランチタイムは、朝の11時から夕方の5時までと遅くまでやっているので使い勝手が良いですよ。

パリヤ(横浜みなとみらい)

週替わりのメニュー表です。

パリヤには何度も来ているのですが、正直メニューは見にくいと感じています。

文章だけでイメージが頭に入ってこないんですよね(笑)

その点は、とりあえず店内に入ってその場で料理を確認してみるしかないです。

パリヤ(横浜みなとみらい)

日中は、近隣の会社員も利用するので混雑している時間帯(90分制になります)がありますが、夕方は空いているのでのんびり利用することができます。

パリヤ(横浜みなとみらい)

スタンプカードは1セット注文につき、スタンプが1個つきます(雨の日はポイントが2倍)。

集めると(有効期限があります)、セット1点が無料になります。

頻繁に通う人は作っておくとよいですね。

オーダーの仕方

パリヤ(横浜みなとみらい)

店頭でご飯セット(3種)を注文したら、ショーウィンドウに並んだメイン(5種)から1つ選びます。

メインは、肉料理や魚料理が中心です。

盛り付けは、食材にバラつきのないよう丁寧に行ってくれます。

また、必要に応じて一皿ずつ温めたりしてくれます。

パリヤ(横浜みなとみらい)

次に、上段のサイドから(4種)1つを選びます。

サイドは、焼きそばなどの主食系、お惣菜系、デザートなどバラエティに富んだラインナップです。

満腹感重視なら主食系、ヘルシーに行きたいなら野菜系など、気分に合わせて調節すると良いですよ。

パリヤ(横浜みなとみらい)

最後にサラダから(5種)1つを選択して出来上がり。

お会計となります。

お会計後、座席へ移動

メニュー例

パリヤ(横浜みなとみらい)

パリヤ(横浜みなとみらい)

パリヤ(横浜みなとみらい)

パリヤ(横浜みなとみらい)

会計を済ませたら座席へ移動、食事はセルフサービスで持っていきます(店員さんの手が空いていたら運んでくれる場合もあります)。

テーブルにはふりかけがあるので、白米のセットでも味に変化をつけることができますよ。

セットのスープ

パリヤ(横浜みなとみらい)

スープはセットに含まれているので、自由に飲んでOKです。

スープのメニューは味噌汁やもずくスープなど、週によって違います。

スポンサーリンク

ドリンクバーについて

パリヤ(横浜みなとみらい)

先述しましたが、ランチタイム(11:00~17:00)にフードセットを注文すると、ドリンクバーがついてきます。

パリヤ(横浜みなとみらい)

紅茶の種類が多いです。

パリヤ(横浜みなとみらい)

各種ドリンク、ホットコーヒーメーカー、アイスコーヒのスタンドがあります。

食事中はもちろん、食後のコーヒー・紅茶も楽しめるからよいですね。

パリヤ店舗の様子

パリヤ(横浜みなとみらい)

入口近くのテーブル席。

パリヤ(横浜みなとみらい)

カウンター席もあります。

パリヤ(横浜みなとみらい)

2人掛けや4人掛けのテーブルが多く、店の奥にソファー席もあります。

パリヤ(横浜みなとみらい)

また、出入り口がビルの内側だけでなく外側にもあり、テラス席につながっています。

日中は、外のテラス席をワンちゃん連れのお客さんが利用していることもあります。

基本情報

Writing by: