1. TOP
  2. イベント
  3. 現在のページ

CP+(シーピープラス)2018に行ってきました | パシフィコ横浜で開催

更新日: 2019年07月25日 ,
パシフィコ横浜

2018年3月1日~4日、パシフィコ横浜および大さん橋ホールで開催のアジア最大級のカメラと写真イベント「CP+(シーピープラス)2018」に行ってきましたので、イベントの様子をリポートします。

スポンサーリンク

パシフィコ横浜へ

CP+(シーピープラス)2018

3月2日(金)イベント2日目のパシフィコ横浜に行ってみました。

会場へ向かう途中すでに人が多く、周囲はカメラを持っているソレっぽい人たちでした。

CP+(シーピープラス)2018

係員の誘導に従い受付場へ。

参加料は通常1500円ですが、公式ウェブサイトで事前登録しておくと無料で入場することができます。

CP+(シーピープラス)2018

カメラ製品のカタログと一般人のパスをゲットしました。

CP+(シーピープラス)2018

受付は2階、メインの展示会場は1階にあります。

CP+(シーピープラス)2018

エスカレーターで下り、展示会場へ向かいました。

CP+(シーピープラス)2018

CP+(シーピープラス)2018

CP+(シーピープラス)2018メイン会場の入り口です。

CP+(シーピープラス)2018

たくさんの来場者で熱気のある雰囲気、ビジネスパスの人もよく見かけました。

お客さんの9割は男性で一眼を下げている人が多く、ミラーレス一眼を手にこの場にいる自分は少し浮いているような気がしました(笑)

また、特別カメラに詳しいわけではないので、ちょっと何をしたらいいのかわからない感じではありましたが、会場を一通り見学してみました。

CP+(シーピープラス)2018

最新機種のカメラなんて別にヨドバシとかで見ればいいんじゃない?なんて思っていましたが、発売前の機種だったりとか、交換レンズが圧巻の勢いで並んでいるところを見ると、これはカメラ好きにはたまらない光景なのかもしれません。

CP+(シーピープラス)2018

各社のブースでは、競い合うように有名写真家さんの講演会合戦が繰り広げられていました。

席は早い者勝ちで、少し早めに集合すれは参加できそうなものが多かったです。

CP+(シーピープラス)2018

自分的には全く存じ上げない方たちばかりでしたが、「クレイジージャーニー」に出演されている写真家の佐藤健寿さんだけはわかりました。

CP+(シーピープラス)2018

あとは、最新のカメラを実際に触って、スタジオの中にいるモデルさんや風景などを撮影できるコーナーが各社人気のようで、順番待ちの列ができているところもありました。

スタジオで選手風の人たちがバスケットボールをしているところもあり、こちらは俊敏な動きを捉えられるカメラ性能を実感できるコーナーのようでした。

CP+(シーピープラス)2018

カメラの博物館的な展示や、カメラバッグなどの販売所、出張ミスタードーナツのブースもありました。

CP+(シーピープラス)2018

こんな感じで会場をのんびり2周して退場しました。

あとは、各社のブースでコスチュームに身を包んだコンパニオンがいたりして、こちらのお姉さんを撮影するのを楽しみにしている人達も多そうな雰囲気でしたよ。

男性が多い理由はこれかしら?

CP+(シーピープラス)2018

2階のアネックスホール。

CP+(シーピープラス)2018

こちらでは、中古のカメラの販売などが行われていました。

スポンサーリンク

感想など

CP+(シーピープラス)2018

今日の戦利品はオリンパスとキャノンのコーナーでもらったクリアファイルです。

CP+(シーピープラス)は、2016年・2017年にも開催されているイベントですが、これまで参加したことがなかったので行ってみました。

幅広いユーザーに向けて開催されている展示会ということでしたが、レベルとしては業界関係者や玄人向けなのかなと思います。

写真というよりかはカメラ機が好きな人には楽しめる展示会だと思いました。

また、会場はパシフィコ横浜の他に大さん橋ホールがあり、こちらには行けませんでしたが、また違った雰囲気で楽しめそうです。

基本情報

  • 名称:CP+(シーピープラス)2018
  • 開催期間:2018年3月1日~4日
  • URL:http://www.cpplus.jp/

Writing by: