1. TOP
  2. グルメ
  3. 現在のページ

三本珈琲店が横浜ポルタにオープン!カフェドールの跡地です

投稿日: 2020年06月15日 ,
三本珈琲店 ポルタ店

2020年5月30日、横浜ポルタに「三本珈琲店」がオープンしました。読み方は三本(みつもと)コーヒーといい、M.M.Cコーヒーの会社が運営。場所は閉店したカフェドールの跡地です。

スポンサーリンク

「三本珈琲店」横浜ポルタ店がオープン

三本珈琲店 ポルタ店

横浜ポルタに新しいカフェ「三本珈琲店」がオープンしたので確認してきました。場所は「春水堂(チュンスイタン)」がある通路の奥側となります。

三本珈琲店 ポルタ店

こちらが「三本珈琲店」の外観です。

カフェドール

以前、同じ場所に入店していたのは「カフェドール」。喫煙できるカフェだったので、吸わない私は利用したことがなかったのですが、知らぬ間に閉店していました。

調べてみたところ「カフェドール」の運営会社がそもそも「三本珈琲株式会社」でした。潰れたわけではなくて、入店させるショップのブランドを変更したのですね。

三本珈琲店 ポルタ店

「三本珈琲店」は分煙のカフェで、喫煙専用室が設けられています。スタバのように完全禁煙でないところは「カフェドール」を引き継いでいるように思います。

「三本珈琲店」とは?

三本珈琲店 ポルタ店

三本珈琲店を運営する三本珈琲株式会社は、横浜市神奈川区に本社がある地元の企業で、自販機とかでよく見かける「M.M.C」缶コーヒーのメーカーでもあります。「三本珈琲」→「MITUMOTO COFFEE」→「M.M.C」となるわけですね。

私「M.M.C(エムエムシー)」って言われれは一発でわかりますが、「三本珈琲店」については初耳で、読み方も調べないと「みつもと」ってわかりませんでした。

2018年に、三本珈琲株式会社のロゴが「M.M.C」を前面に出したものから、地球モチーフのお洒落なデザインに変更になっていたので、余計に気がつきにくかったのかもしれません。

Lat.25°

三本珈琲株式会社の運営するカフェは複数のブランドがあり、羽田空港や成田空港などで展開している「Lat.25°」もその一つ。地球モチーフのロゴが「三本珈琲店」と似たものになっています。

三本珈琲

また、「横濱珈琲物語」というコーヒーが三本珈琲株式会社から出されています。商品はリンコス馬車道店で確認しました。

M.M.Cの缶コーヒーは、実は私の好みではありませんが、横浜のコーヒーと言えば「三本珈琲」なんですね。これを機に今一度三本珈琲を見直してみよう通った次第でした。

スポンサーリンク

基本情報

Writing by: